1. 2019年 「新成人の恋愛・結婚に関する意識調査」
  • 2019.01.04
  • 恋愛調査
  • 新社会人
  • 結婚調査

2019年 「新成人の恋愛・結婚に関する意識調査」

新成人の恋愛・結婚に関する意識は、3年連続で回復トレンドを継続!
「今後異性と積極的に交際したい」新成人の割合が5割を超え3年連続増加傾向に!
新成人の約8割が「結婚したい」、うち「20代前半で結婚を望む」割合が10%増加!

結婚相手紹介サービスを提供する株式会社オーネット(本社:東京都世田谷区 代表取締役社長:森谷学)は、2019年に成人式を迎える新成人618名(男女各309名)に対して、「恋愛・結婚に関する意識調査」を実施致しました。この調査は1996年1月にリリースした「新成人の恋愛・結婚観/団塊ジュニアの意識調査」の第一回目から毎年実施し、今年で24回目となります。この新成人の意識調査は、日本国内の経済や社会情勢、また世界情勢さらには自然災害等の様々な時代背景を含め、その時々の若者たちを取り巻く環境が成人を迎える若者たちの恋愛・結婚に対する意識や行動に、少なからず影響を与えていることが調査結果に反映される恒例の意識調査となります。国内では総人口の減少や少子高齢化・超高齢化社会などの人口問題とあわせて、生涯未婚率の急激な上昇や未婚率の上昇等が日常的にメディアに取り上げられている現代において、今後の日本の担い手である平成最後となる新成人の恋愛・結婚に対する意識、考え方、そして行動がどのようなものなのか、また昨年との比較、過去からの推移などを含めて本年の調査結果をご報告いたします。

直近の過去2年間の報告では、恋愛・結婚意識ともに、それまでの下降傾向が一段落し、2017年から大幅に回復傾向に転じた内容の調査結果を報告いたしましたが、今年の調査結果からそのトレンドがどうなっているかを含め詳しくご報告いたします。調査実施時期、および設問については過去2年間と同じ期間、内容で調査を実施致しました。

(1)新成人の「恋愛」意識に関する調査

・「これまでに交際経験がありますか?」 「交際したことがある」は全体で60.8%が経験あり、男性が59.2%、女性が62.5%となり、過去2年間とほぼ同水準で推移!

・「現在交際している異性がいますか?」 「現在交際している異性がいる」は全体で30.1%で、男性で27.5%、女性が32.7%で、過去2年間とほぼ同じ水準で推移!

・「交際相手とどうやって知り合いましたか?」 全体の回答1位は「学内(大学・専門学校)」で、同じく全体の2位は「高校時代までの知り合い」で、 3位に「ネット(SNS)」がランクイン!昨年の女性2位「アルバイト先」が4位へと大きく割合減少?!

・「今後異性との交際を積極的にしていきたいですか?」 「今後異性との交際を積極的にしていきたい」が50.6%(2017年42.8%⇒2018年48.3%)となり、 3年連続増加の傾向に!

・「SNSで知り合った異性との恋愛はあり?」 「SNSで知り合った異性との恋愛はあり?」については、昨年40.2%⇒43.5%と3.3%さらに増加!

(2) 新成人の「結婚」意識に関する調査

・「あなたは将来結婚したいと思いますか?」 「結婚したい」が全体で79.3%となり、一昨年79.0%、昨年83.8%と過去3年間ほぼ同水準で推移!

・「結婚したい理由は何ですか?」 「結婚したい」理由は、「好きな人と一緒にいたい」「子供がほしい」「家族がいると幸せ」が上位を占める!

・「あなたは何歳で結婚したいですか?」 結婚したい希望年齢は、25歳が男女とも最も割合が高く、4人中3人は24歳~28歳で結婚したい! さらに20代前半の21歳~25歳で結婚を希望する割合が、前年にくらべて10%増加!

・「結婚をするなら恋愛をしてから結婚をしたいですか?」 結婚するなら「恋愛をして結婚をしたいですか?」との質問に、85.3%が「はい」と回答!

・「結婚後、専業主婦になりたいですか?」 全体で17.0%、男性が10.4%、女性においては23.6%、「4人に1人」しか専業主婦を望まない!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

記事内表記(社名・サービス名称やロゴ、会員に関する項目)は全て掲載当時のもので、現在のものとは異なる場合があります
当報道に関するお問い合わせは、下記までお願いいたします。
【楽天オーネット 広報グループ】TEL:050-5817-5606/FAX:03-3700-5965/E-mail:onet-pr@mail.rakuten.com