1. 中高年男女の異性への恋愛意識に関する調査
  • 2018.09.12
  • 中高年
  • 恋愛調査

中高年男女の異性への恋愛意識に関する調査

50代~60代の中高年の約4割は、異性に「ときめく」ことが普通にある!
異性に「ときめく」割合が最も高いのは、男性「60代後半」という調査結果に!
気になる異性に対して、中高年の約6割はアプローチを行っている?!

楽天グループの結婚相手紹介サービスの株式会社オーネット(本社:東京都世田谷区 代表取締役社長:森谷学)が運営する中高年向けパートナー探し楽天オーネット「スーペリア」は、50歳~69歳の現在独身である男女488名を対象に「中高年の恋愛意識に関する調査」を実施しました。 「人生100年時代」とよくいわれますが、その折り返し地点を過ぎたいわゆる「中高年」「シニア」と呼ばれる50代~60代男女の異性に対する恋愛意識はどのようなものなのでしょうか?今回の調査では50歳~69歳の全国男女488名に、若年層を中心に若い世代に馴染みのある異性への「憧れ」「ときめき」というキーワードを使ってアンケートを実施しました。果たして、どれほどの中高年の男女が異性に「ときめく」ことがあるのでしょうか? 気になる調査結果をレポートいたします。

楽天オーネット「スーペリア」は中高年の恋愛や結婚に関して、今後もさまざまな角度から意識調査を実施してまいります。

~主なトピックス~

■50代~60代の約4割は、今でも異性に「ときめく」ことがあると回答!

■男性「60代後半」が、異性に「ときめく」割合が最も高いという結果に!

■気になる異性がいた場合、男女全体で約6割がアプローチを行っている!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

記事内表記(社名・サービス名称やロゴ、会員に関する項目)は全て掲載当時のもので、現在のものとは異なる場合があります
当報道に関するお問い合わせは、下記までお願いいたします。
【楽天オーネット 広報グループ】TEL:050-5817-5606/FAX:03-3700-5965/E-mail:onet-pr@mail.rakuten.com