• 2017.08.25
  • 恋愛調査

遠距離恋愛に関する意識調査

交際1年以上の彼(彼女)と遠距離恋愛・・どうする??
8割近くの男女が遠距離恋愛になっても交際を続けたい!

楽天グループの結婚相手紹介サービス会社、株式会社オーネット(本社:東京都世田谷区 代表取締役社長:森谷学)は、25歳~34歳独独身男女計224名を対象に、遠距離恋愛に関する意識調査を実施しました。楽天オーネットでは今後も日本の恋愛や婚活、結婚に関するさまざまな意識調査の実施を予定しています。

~主なトピックス~


■なんと、男女8割が遠距離になっても交際を続けたい!
男性79.5%、女性は実に83.0%の人が「遠距離になっても交際を続けたい」と回答し、遠距離であることは恋愛の障害となりえないと考える人が圧倒的に多いことが分かりました。
■「遠距離恋愛になっても交際を続けたい」と回答した人は、女性では30代より20代の方が10ポイント以上も高い結果に。
男性20代(55.4%)、男性30代(58.9%)と大差が無い反面、女性では30代(46.4%)に対し、20代(57.1%)という結果となり、女性20代30代の年代による意識差が大きいという調査結果に。
■「遠距離恋愛は愛を深めるきっかけになる?」の回答は男性20代が最も高い!
男女別でみると、男性(59.8%)、女性(52.7%)と、特に男性20代は64.3%で最高ポイントに。
■遠距離恋愛で心配なこと第一位「浮気」、第二位「連絡の頻度」、第三位「旅費」!
昨年3月の調査結果では、第一位「すれ違い(連絡の頻度)」、第二位「旅費」、そして三位が「浮気」という結果が、今回は順位が大きく変化する結果に。大きな意識変化のその要因は?
■「結婚を意識するようになったとしたら、相手が住む町に引越そうと思う?」は、全体で47.0%、女性58.0%、男性では37.5%という結果に。
結婚を意識した場合にに引っ越せるかどうか、については、男女ともポイントは大きくダウン。特に、男性は女性より大きくポイントダウンする結果に。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

記事内表記(社名・サービス名称やロゴ、会員に関する項目)は全て掲載当時のもので、現在のものとは異なる場合があります
当報道に関するお問い合わせは、下記までお願いいたします。
【楽天オーネット 広報グループ】TEL:050-5817-5606/FAX:03-3700-5965/E-mail:onet-pr@mail.rakuten.com