1. 第22回 新成人意識調査 2017年新成人の恋愛・結婚意識
  • 2017.01.05
  • 恋愛調査
  • 新成人
  • 結婚調査

第22回 新成人意識調査 2017年新成人の恋愛・結婚意識

草食化・恋愛離れといわれる若者も実は恋愛している!交際経験がある新成人は59.0%
結婚への意欲も79.0%と昨年から大幅に伸長!

楽天グループの結婚相手紹介サービス会社、株式会社オーネット(本社:東京都世田谷区 代表取締役社長:森谷学)は、2017年1月に成人式を迎える全国の独身男女600名を対象に、恋愛・結婚意識について調査を実施しました。
本調査は今年で22回目になります。

2017年1月に成人式を迎える若者たちは、1996年4月2日から1997年4月1日に生まれた若者たちになります。彼らは「アムラー」や「たまごっち」、「ポケモン」の大流行のなかで誕生。いわゆる「失われた20年」の中で思春期を送っており、彼らが中学校の卒業を控えた2011年、東日本大震災が起こりました。一方でその後、2012年からの第2次安倍内閣によってアベノミクスが始まり、株価が上昇し、徐々に景気が良くなっていく中で高校卒業や大学進学を迎えている世代でもあります。2008年、小学校6年生のときにスマートフォンが日本に初上陸し大流行。スマートフォン以外のいわゆる「ガラケー」を使ったことがないという人も多数いるのがこの世代。スマホの普及とあわせてコミュニケーションツールとして定着したLINEが、彼らと青春時代を送った主なツールでした。

そんな新成人は、恋愛や結婚についてどのように考えているのでしょうか。今回の調査ではテーマを恋愛や結婚に絞り、SNSから同性愛に関することまで聞いてみました。

オーネットでは今後も日本の恋愛や結婚に関するさまざまな意識調査の実施を予定しています。

〜主なトピックス〜

  • 若者の草食化や恋愛離れが叫ばれるも、恋愛や結婚への意欲はともに増加傾向!交際相手がいる男女は12年ぶりに30%台に。結婚したい若者も年々増加。
  • 交際相手がいない若者の恋愛意欲も大幅に上昇。
  • 恋人がいなくても、恋愛したいと思う若者は7割以上!
  • 結婚したい若者も昨年より約5%増加し、79.0%に。子どもも「2人以上」が9割超。婚活の後押しが少子化の解決のカギ?

- 調 査 概 要 -

調査名 :楽天オーネット『2017年新成人の恋愛・結婚意識調査』
調査地域:全国
調査対象:1996年(平成8年)4月2日から1997年(平成9年)4月1日生まれまでの、2017年に新成人を迎える600人(男性300人、女性300人)
調査方法:インターネットを利用したクローズ調査
調査期間:2016年12月1日(木)~12月5日(月)
調査主体:株式会社オーネット
サンプル数:600人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

記事内表記(社名・サービス名称やロゴ、会員に関する項目)は全て掲載当時のもので、現在のものとは異なる場合があります
当報道に関するお問い合わせは、下記までお願いいたします。
【楽天オーネット 広報グループ】TEL:050-5817-5606/FAX:03-3700-5965/E-mail:onet-pr@mail.rakuten.com