1. バレンタインデーの恋愛に関する意識調査
  • 2016.02.09
  • 恋愛調査

バレンタインデーの恋愛に関する意識調査

気になる異性がいる独身男女にとって、
やっぱりバレンタインデーは「ドキドキする」イベントだった!!

楽天グループの結婚相手紹介サービス会社、株式会社オーネット(本社:東京都世田谷区 代表取締役社長:森谷学)は、20歳から39歳の交際相手のいない男女計225名を対象に、バレンタインデーの恋愛に関する意識調査を実施しました。 オーネットでは今後も、日本の恋愛や結婚に関するさまざまな意識調査の実施を予定しています。

~主なトピックス~

■4割近い男性が、気になっている女性からのチョコレートを待っている!
気になっている女性からチョコが欲しいと考えている男性は、20~29歳で30.4%、30歳~39歳で44.6%、全体でも37.5%という結果に! 秘かにドキドキしている男性がこれだけいるというのは、素敵なことですね。

■男性はバレンタインデーを特別な日として考えていない!
とはいえ、「バレンタインデーはあなたにとって普段とは違う特別な日ですか」という質問に対して、「特別な日である」と答えた男性は、なんと13.4%! 「興味がないから」、「チョコがもらえそうにないから」など、やや諦めムードなのでしょうか......?

■本命チョコをあげたい男性が「いる」女性は約14%!
「今年のバレンタインデーに(本命)チョコレートをあげたい男性がいるか」を聞いたところ、14.2%の女性が「いる」と回答!「本命チョコをあげたい」=「自分から告白してでも、お付き合いしたい男性がいる」ということですから、これはぜひ勇気を出して、幸せをつかんでほしいですね。

■バレンタインを「告白のチャンス」と考えている女性は10人に1人!
「男性に告白をするとしたら、バレンタインデーにこだわりますか」という質問に対し、「こだわる」という女性は約10%、一方、約7割の女性が「こだわらない」と回答しました。友チョコや義理チョコなどイベント化しているバレンタインデーですが、真剣な告白となると、世の中のイベントよりも自分の気持ちのタイミングに合わせて、ということなのかもしれません。

■恋愛の始まりにおいては、男女とも、チョコレートは重要!
「バレンタインシーズンの初デートで、女性はお相手にチョコレートを渡したほうがよいか?」との質問では、男女とも半数以上が「渡すべき/渡してもいいと思う」と回答。出会いを恋愛へと発展させるのには、チョコレートはまだまだ重要なアイテムと言えそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

記事内表記(社名・サービス名称やロゴ、会員に関する項目)は全て掲載当時のもので、現在のものとは異なる場合があります
当報道に関するお問い合わせは、下記までお願いいたします。
【楽天オーネット 広報グループ】TEL:050-5817-5606/FAX:03-3700-5965/E-mail:onet-pr@mail.rakuten.com