外資系コンサル 菅野さん(32)の場合

img_book_43_01.gif

<プロフィール>
●名前:菅野信一郎さん(仮名)
●職業:外資系コンサルティング会社の正社員
●年齢:32歳
●最終学歴:都内の中堅私立大学卒
●推定年収:800万円以上
●生息域:渋谷、表参道、八重洲
●行動特性:目標に向かってストイックに行動。最近はダイエットのためカロリー制限中
●好物:ネット通販。映像から食品まで何でもネットで購入
●好異性:会話が楽しく、精神的に安定した女性

『結婚は明日にでもしたい』 婚期を迎えたコンサル男子

渋谷駅前の喫茶店で待っていると、刈り上げ&パーマがビシッと決まっている男性が穏やかな笑顔で現れました。コンサルティング会社で働いている菅野信一郎さん(仮名、32歳)です。七分丈のパンツにローファーの組み合わせもオシャレで、都会での一人暮らしを満喫していることが伝わって来ます。

菅野さんは仕事にも貪欲なほど前向きです。大学卒業後は営業力の高さで知られる大手メディア企業に就職し、4泊5日の地方出張を繰り返すようなハードな日々を過ごしました。その後、キャリアアップのために海外に私費留学。帰国後は、広告会社に転職して、広告制作に携わりました。

「大きな予算を扱い、天才的なクリエイターの方と一緒に仕事をすることができました。幸運だったと思います。ゼロから生み出すことのすごさを知り、とても勉強になった数年間でした。ただし、あまりにも忙しすぎましたが……」

平日は深夜まで働き、タクシー帰りが当たり前。週末は疲れ果てて泥のように眠り、ようやき起きると夕方だったことも少なくありません。自炊はおろか外出する気力もなく、デリバリーのピザなどを注文して食べていたそうです。

そんな多忙な日々でも合コンに参加できることもあります。会話も上手な菅野さんは3歳下の会社員女性と意気投合し、お付き合いすることができました。しかし、仕事が立て込んでくると睡眠以外のプライベートな時間はほぼなくなり、月に1回程度しか会えない日々が続きます。それが原因で振られてしまったそうです。

最新記事のチェックはこちらが便利!

シェアする

大宮 冬洋(おおみや とうよう)フリーライター

1976年埼玉県所沢市生まれ、東京都東村山市育ち。男三人兄弟の真ん中。一橋大学法学部を卒業後、ファーストリテイリング(ユニクロ)に入社して1年後に退社。編集プロダクションを経て、2002年よりフリーライターになる。
高校(武蔵境)・予備校(吉祥寺)・大学(国立)を中央線沿線で過ごし、独立後の通算8年間は中央線臭が最も濃いといわれる西荻窪で一人暮らし。新旧の個人商店が集まる町に居心地の良さを感じていた。今でも月に一度は西荻に「里帰り」している。
2012年、再婚を機に愛知県蒲郡市に移住。昭和感が濃厚な黄昏の町に親しみを覚えている。平日の半分ほどは東京・門前仲町に滞在し、東京原住民カルチャーを体験中。
「お見合いおじさん」としての悪戦苦闘の日々は、日経ウーマンオンラインの連載「お見合いおじさんは見た!」で公開中。
ホームページ omiyatoyo.com