大手証券会社の営業職 佐藤さん(27)の場合

img_book_20170413_01.jpg

<プロフィール>
●名前:佐藤智也さん(仮名)
●職業:大手証券会社の正社員
●年齢:27歳
●最終学歴:有名私立大学卒(早慶上智レベル)
●推定年収:620万円以上
●生息域:新宿、渋谷、六本木、横浜
●行動特性:平日は仕事と勉強。休日は男友だちや同僚との遊びで忙しい
●好物:音楽、ゴルフ
●好異性:話が合い、しっかりしている女性

“浮気はしない”が執着もしない20代証券マン

ここは若者たちでにぎわう渋谷駅前のスペイン料理店。証券会社で営業マンとして働く佐藤智也さん(仮名、27歳)にインタビュー依頼をすると、「休日なら渋谷で」とのご希望でした。

「学生時代はバンドをやっていて、今でも月1ペースで集まって演奏しています。ライブハウスやクラブが多い渋谷にいるときが一番落ち着きます

穏やかでスマートな雰囲気の佐藤さん。平日は金融業界の最前線にいて、休日は仲間と演奏を楽しむなんて、絵に描いたようなシティボーイですね。いかにもモテそうですが、しばらく恋人がいないそうです。その理由は後で聞くとして、佐藤さんの日常生活を教えてもらいましょう。

会社の独身寮に住んでいます。もちろん一人部屋ですが、風呂トイレは共同です。職場までは電車を使って15分強。食堂もあって、朝晩は格安で定食を食べることができます」

次のページは:毎朝6時45分からカフェで勉強

最新記事のチェックはこちらが便利!

シェアする

大宮 冬洋(おおみや とうよう)フリーライター

1976年埼玉県所沢市生まれ、東京都東村山市育ち。男三人兄弟の真ん中。一橋大学法学部を卒業後、ファーストリテイリング(ユニクロ)に入社して1年後に退社。編集プロダクションを経て、2002年よりフリーライターになる。
高校(武蔵境)・予備校(吉祥寺)・大学(国立)を中央線沿線で過ごし、独立後の通算8年間は中央線臭が最も濃いといわれる西荻窪で一人暮らし。新旧の個人商店が集まる町に居心地の良さを感じていた。今でも月に一度は西荻に「里帰り」している。
2012年、再婚を機に愛知県蒲郡市に移住。昭和感が濃厚な黄昏の町に親しみを覚えている。平日の半分ほどは東京・門前仲町に滞在し、東京原住民カルチャーを体験中。
「お見合いおじさん」としての悪戦苦闘の日々は、ヤフーニュース個人の連載「中年の星屑たち」で公開中。
ホームページ omiyatoyo.com