看護師 小林さん(30)の場合

img_book_20160303_01.jpg

<プロフィール>
●名前:小林正人さん(仮名)
●職業:地方病院勤務の看護師
●年齢:30歳
●最終学歴:看護専門学校
●推定年収:500万円
●生息域:名古屋、豊橋
●行動特性:休みの日でも自費で医療系のセミナーに参加するほどの向上心あり
●好物:ビール、会食、マラソン
●好異性:自己主張しすぎず、周囲に配慮ができるキレイ系の女性

人に接しながら役立つ仕事がしたくて、看護師になりました

愛知県内の地方病院で働いている男性看護師と会えることになりました。彼の行きつけだという小粋な和食店で待っていると、水色のギンガムチェック柄のシャツにニットカーディガンできちんと決めた小林正人さん(仮名、30歳)が時間通りに現れました。かすかに香水の匂いもします。

「電車の本数が少なくてギリギリの到着になってしまいました。すみません!」

オシャレで清潔感があり、礼儀正しい小林さん。女性が圧倒多数の職場でモテモテなのではないでしょうか。おいしい刺身や煮魚を一緒に食べながらじっくりとお話を伺うことにしました。

僕は男性の看護師さんとちゃんと向かい合うのは初めてなので、恋愛話の前に聞いておきたいことがあります。小林さんはなぜ看護師になったのか、現在はどんな心境でどのような働き方をしているのか、です。

地元の進学校に通っていたのですが、勉強はまったくできませんでした。勉強する必要性を感じなかったからです。でも、当時から人が大好きだったので、人に接しながら役立つ仕事がしたいと思い、看護師という仕事を見つけました。これからの時代でも食いっぱぐれることはないだろう、という打算もありましたけどね」

人懐っこい笑みを浮かべながら率直に語ってくれる小林さん。看護師として働き始めてからは「勉強の大切さ」に目覚めて、病院外で開催される医療系のセミナーなどにも積極的に参加してスキルを向上させています。