市役所職員 佐藤さん(31)の場合

img_book_20151126_01.jpg

<プロフィール>
●名前:佐藤健吾さん(仮名)
●職業:市役所職員
●年齢:31歳
●最終学歴:都内の短期大学
●推定年収:500万円
●生息域:船橋、有楽町、銀座
●行動特性:仕事も趣味も「ハマりやすい」体質。現在は筋トレに没頭中
●好物:体にフィットした洋服
●好異性:高身長で細身の美人。女優の新垣結衣が理想

市役所にはなぜかバツイチの独身男性が多いんですよ

地方公務員男性の人気は根強いものがあります。

安定した収入と終身雇用、転勤はほとんどなく、休暇も取りやすく、民間企業と比べると残業や休日出勤も少なめ。高収入とは言えませんが、穏やかな家庭生活を営むにはベストに近い結婚相手と見なされるのでしょう。

「どうですかねえ。市役所にはなぜかバツイチの独身男性が多いんですよ。平日の夜に自由な時間があるので遊んでしまうのが主因ではないでしょうか。定時は17時15分ですが、僕が前に所属していた土木系の部署では真っ直ぐに家に帰る人は少数派でした。みんなで飲みに行くんです。新人の僕はスナックでカラオケを歌わされたり、酒癖が悪い先輩が暴れるのを抑えたりする役回りでした。けっこう楽しかったですよ」

ここは東京・大塚にある小さな老舗蕎麦屋。笑みを絶やさずに答えてくれるのは、千葉県内の某自治体に勤務する佐藤健吾さん(仮名、31歳)です

胸板が厚く、体にぴったりの紺スーツが良く似合っています。一人暮らしの自宅にはベンチプレスセットが設置してあり、スーツはセール時期を狙って2着6万円でオーダーメイドしているそうです。