初顔合わせから1カ月でゴールイン!強い直感を信じて2回目のデートでプロポーズ!

初顔合わせから1カ月でゴールイン!強い直感を信じて2回目のデートでプロポーズ!

以前から憧れていた彼女にアプローチ

忠さん・美由紀さん写真
忠さん:「既にオープンテラスで彼女の写真を見て魅力を感じていました。ただ、活動を始めたばかりでお断りが続き、こんな状態でアタックしても撃沈すると思い、申し込めずにいました。彼女のちょっとひとことには『世話好き』、『お子さんや要介護のご家族がいても大丈夫』とあり、これは人気が出るよなと思って余計に申し込めませんでした」
--------ところが、ある日美由紀さんの紹介書が届き、忠さんは「運命かも」と思い、「お話しましょう」申し込みをした。
美由紀さん:「定型文を使っている『お話しましょう』申し込みもある中で彼はちゃんと自分の言葉で申し込んでくれたのでお受けしました」
--------お話し掲示板で、互いに猫好きだと分かって盛り上がった二人は1日何通もメッセージを送り合った。
美由紀さん:「写真の笑顔がかわいくて、一気にひかれました。彼のメッセージは知的でセンスがあり、『この人にしよう』という思いが生まれました」
--------そして3月の初め、二人は初顔合わせをした。忠さんは美由紀さんのリクエスト通り、スーツを着て現れた。
美由紀さん:「シャツの色まで私の好みに合わせてくれて、写真よりもさらに格好良くて舞い上がりました」
忠さん・美由紀さん写真
忠さん:「僕は広島には詳しくなかったんですが、二人の服装に合ったお店をさっと提案してくれてとても好印象でした」
--------最初は1時間で帰ろうと思っていた忠さんだったが、話が盛り上がり、お店をはしごして数時間を一緒に過ごした。
忠さん:「彼女も写真よりさらにきれいで、波長があまりにもぴったり来たので運命を強く感じ、1回目のデートで気持ちが固まりました。そして数日後に次のデートの提案をしたら土曜日を空けてくれたんです」
--------土曜日を空けてくれるのは、自分に真剣に向かい合っている証拠だと思った忠さんは、そのデートでプロポーズを決意。当日、美由紀さんはOKした。
美由紀さん:「それまで、何回会っても、進展しない人とは進展しませんでした。彼が強い直感を信じて、すぐにプロポーズをしてくれてうれしかったです。こんなに自然でいられる人は初めてで、私も彼しかいないと思えたのでOKしました」
<
--------二人は4月初めに結婚し一緒に暮らし始め、お互いの良さをあらためて実感している。