初顔合わせで伝えた好みの本。自然に近くに来てくれる心地よさ
:エピソード2

初顔合わせで伝えた好みの本。自然に近くに来てくれる心地よさ

「先輩カップルの活動ポイントを大公開」

2013年1月

啓太さんが楽天オーネットに入会

男性の多い職場で出会いがなく、すぐに結婚をというほど焦ってはいなかったが、40歳までには結婚したいと楽天オーネットに入会。紹介書、イントロGを中心に活動。

2013年3月

実花さんが入会

お見合いパーティーなどには参加していた実花さん。ところが、良い出会いがなく、インターネットで楽天オーネットの広告を見つけて、お母さんの強い後押しもあって入会。啓太さんと同じく、紹介書、イントロGを中心に活動。

2013年5月

啓太さんからオープンテラスを通じてアプローチ

検索範囲を九州にまで広げて、実花さんを発見。写真にひかれた啓太さんが実花さんに「お話しましょう」申し込み。

POINT!

希望条件の中で広げてもいい条件は広げてみましょう。それが運命のお相手との出会いにつながる場合があります。

2013年6月

初顔合わせ

最初は、実花さんが住む佐賀県まで啓太さんが出てきてくれるという話だったが、実花さんの提案でお互いの中間地点の博多で会うことに。博多に詳しい実花さんがイタリアンレストランを予約し、街を案内した。

2013年7月

啓太さんから正式交際申し込み

2日間を一緒に過ごして「この人しかいない」と確信した啓太さんが「結婚を前提に付き合ってください」と正式交際申し込み。あまりにも突然だったのと、あまり考えずに進んで失敗した経験があることから、その場は返事を保留。次のデートで「お受けします」とお返事して、晴れて交際成立。それ以降はほぼ毎週会い、お互いの地元を行き来して愛を深めていった。

2013年8月

啓太さんからプロポーズ

熊本県の阿蘇山に遊びに行った帰りに、ファストフード店の駐車場に止めた車の中で啓太さんが「結婚してください」とストレートにプロポーズ。ロマンチックなプロポーズを望んでいた実花さんは「ここはファストフードの駐車場だよ?(笑)」と、その場は返事を保留。でももうふたりの仲は「お互いに感覚が合うから、結婚しても良いよね」と話すところまで進んでいた。その数日後に出掛けた四国一周旅行の際に、再び啓太さんはプロポーズをし、実花さんは「はい」と答えた。

2014年1月

アイコンゴールイン

おめでたい日だし、毎年必ず一緒にいられて結婚記念日をお祝いできるから、という理由で元日に入籍。新しい年になってすぐに婚姻届を出したかったふたりは午前0時に役所の時間外窓口へ。

2014年2月

挙式

親戚と友人たちが60人以上集まって佐賀県のホテルでふたりを祝福。実花さんは、自分が家を出て、少し離れた広島に嫁ぎ、お母さんが寂しがるんじゃないかと悩んでいたが、お母さんからは「どこにお嫁に行くか、じゃなくて、誰と結婚するかが大事。私は寂しくないから大丈夫」と背中を押してもらった。

先輩カップルに質問!

なかなかうまく連絡先を交換できないのですが
啓太さん:あまり最初からガツガツするのは良くないと思います。女性はそういうのを好まないからです。自然に日々あった出来事をお話し掲示板で報告し合ったりして、とにかくまずは自分と会話してくれるように持っていくことが大切だと思います。会いたいと思ったら、女性の方から連絡先を教えてくれると思うので、男性側からは聞かないくらいの気持ちでいるのがちょうどいいかもしれません。

このカップルが成婚した支社はこちら

実花さん:福岡支社
啓太さん:広島支社