九州グループ 重田マネージャー 前編

アドバイザーは、そっと
背中を押してあげる存在 九州グループマネージャー 重田 信子 しげた のぶこ

現場で多くの会員の結婚活動をサポートしている、楽天オーネットの支社長やアドバイザーに取材。今回は九州グループマネージャー 重田 信子(しげた のぶこ)さんにインタビューを行います。

Q1:重田さん、本日はよろしくお願いいたします。

はい、よろしくお願いしますね。

Q2:重田さんは九州グループマネージャーですが、福岡、熊本、鹿児島、沖縄の支社長でもあるんですね?重田さんは元々、九州の支社でアドバイザーをされていたのですか?

いえいえ、最初に勤めたのは甲府支社だったんですよ。その後九州グループといった感じですね。

Q3:そうなんですか。何年ほどアドバイザーをやっていらっしゃるんですか?

今年で10年と少しですね。甲府に入社してすぐに、そのときの支社長が辞められてしまって、入社半年でなぜか支社長になってしまいました(笑)。ただ、支社長といっても人数の少ない支社なので、現場のこともだいぶやりましたね。

Q4:なるほどー、支社長をやりながら現場のこともされていて、色々なご経験をされていそうですね。

そうかもしれません、本当に色々な方のお世話をさせていただいたと思っています。

Q5:では、恒例となりましたが、これまでお世話をされた会員さんの中で、印象に残っている方をお教えください。

そうですね、私が楽天オーネットに入社して最初に面談した方のことをお話します。その方は当時30歳で、年の瀬に来社されました。色々お話をしたのですが、やはり年末は忙しいので、年が明けてからやります、と、その男性はおっしゃったんですね。 でも私も初めての面談ということもあって、ここで帰って欲しくないと思ってしまったんです。

Q6:なるほど・・。最初のときは何かと焦ってしまいますしね。

そうですね、今思えばあんな面談の仕方は良くないのですが、結局その男性にはご入会いただけたんですよ。私もすごくほっとしました。でもそれもつかの間、年が明けて早々に男性から連絡があって「重田さん、申し訳ないのですが結婚することになりました。」と・・

Q7:え?それはどういうことですか?

どうやら、楽天オーネットにご入会されてすぐ、年末にご友人の紹介で知り合った方と意気投合し、ご結婚まで話がいったらしいのです。私は「ああ、あんなに強く入会を勧めるべきではなかった。」と、本当に申し訳ない気持ちと罪悪感でいっぱいになりました。

Q8:そうでしたか、じゃあ男性は怒ってらっしゃったんですか?

最初はそうだと思ったんです。それに私も申し訳ない気持でいっぱいで、「ごめんなさいね、入会はもう少し待ったほうが良かったですね。」と話をしたら、男性からは逆に感謝の言葉をいただいたのですよ。

Q9:えっと、それはなぜ・・・?

その方が言うには「結婚が決まったのは楽天オーネットの会員さんではないけれど、年末に楽天オーネットに行って、重田さんから聞いた話が無かったら、自分にはこんなことはあり得なかったと思うんです」って。「重田さんの話を聞いて、恋愛の仕方が分かったんです。だから、友人から紹介された女性にうまく声を掛けることができたし、その後もすごく良い感じに付き合うことができたんですよ。これまでの自分だったら、きっとそんなことはできなかった。」と、本当に感謝されてしまいました。 初めて面談をした方からこんなことを言われたので、このアドバイザーという仕事を続けるにあたっての自信とパワーを頂きました。

Q10:すごいですね、勇気をもって楽天オーネットに行ったことで、そんな変化が起こるなんて。

本当にそう思います。今でもこの男性のように、楽天オーネットで結婚はできなかったけれど、入会して良かった、アドバイザーの話を聞いて良かったと、満足していただけるようなサポート活動を心がけています。そうすればきっと、楽天オーネットが掲げる「成婚率100%」という目標に少しでも近づくことができると信じています。

Q11:例えば私が入会したら、重田さんにはどのようなことをして頂けるのでしょうか・・?

恋愛は100組あれば100通りです。すべてに当てはまる答えは用意されていません。

そうですね、まずは一度じっくりとお話をして、「貴女が本当に求めているのは何なのか」を掴みます。自分が頭の中でイメージしている理想と、自分でも気づいていなかった本当の希望とのギャップって結構ありますからね。例えば年収はいくら以上で、身長は何センチ以上じゃないと絶対譲らない、と思っていたとしても、実際自分が求めていたものはそうじゃなかったとかね。人によって本当に様々ですが。。

Q12:むむむ、一度重田さんとじっくり話をしてみたいです・・!あとはどんなことをアドバイスするのですか?

あとは、デートのときなんかでも、最後は必ずお礼を言うこと。とか、女性なら2回目、3回目のデートの後は、お礼の言葉と一緒にささやかなプレゼントを手渡すとかね、クッキーなんかでもいいですから。女性の方は「そんなことで男性は喜ぶんですか?」って言いますけど、喜ぶ男性は多いと思いますよ。

Q13:これまでの見方、考え方の角度を変えてくれる、広げてくれる感じですね!

そうかもしれませんね。アドバイザーっていうのは、その方の真の希望を見つけてあげて、その実現のために、そっと背中を押してあげる、そういう存在だと思っています。

Q14:む~、私のような人間にこそアドバイザーさんが必要かも・・・では名残惜しいですがこれで前半を終了します!後半では女性の会員さんのエピソードなんかをお聞きしようと思います!
次回後半をお楽しみに!重田さんありがとうございました。

はい、わかりました。ではよろしくお願いいたします。ありがとうございました。

九州・沖縄の結婚相談所一覧はこちら