vol.5 結婚スイッチが入るタイミングは。キーワードは「友人」、そして「寂しさ」

結婚スイッチが入るタイミングのランキング1~3位結婚スイッチが入るタイミングのランキング4~10位

結婚したい...

65の票を集め僅差で1位となったのは、「偶然入った喫茶店で、老夫婦がにこにこしながら、仲良さそうにコーヒーを飲んでいる光景を見たとき」でした。友人に絡んだ選択肢が多く上位に挙がる中での堂々の1位です。
長年連れ添っているのであろう老夫婦の仲睦まじい様子は、誰もが理由無く結婚のよさや、パートナーがいることの大切さを実感するのでしょう。そのため、これから結婚をしようと考えている方々にとっては「自分もああなりたい」という憧れでもあり理想系とも言え、改めて結婚を意識するタイミングになるようです。

2位から4位、そして7位には友人の結婚絡みのエピソードがランク入りしました。自分と同じ年齢で、共に多くの時間を共有してきた友人は、パートナーとも言える存在です。そんな"身近な存在"である友人が言いにくそうに結婚報告をしてきたことは、自分にとっても大きな喜びでありながら、大きな寂しさでもあると思います。その瞬間、自分の将来や結婚について深く考え、結婚スイッチが入るようです。

3位も2位と同様に、友人絡みのエピソードがランクインです。結婚した友人宅に訪れるということは、社会人になると誰もが経験することと思います。家族を持ち、立派に生活している友人夫婦に触れ、結婚の良さを目の当たりにしたあと、静まり返った夜道を一人で歩いて帰る際に、楽しかった余韻に浸りつつ寂しさを感じることで、結婚スイッチが入るのかもしれません。

結婚スイッチが入るタイミングのランキング11~15位

4位には「友人の年賀状が、だんだんファミリー写真になった」、5位には「ここのところ職場と家族以外の異性と話してないと実感した」などが挙がりました。ふとした瞬間、周りは順調に結婚しているという現実や、異性から遠ざかっている自分に気づき、「寂しさ」、「焦り」を改めて実感することで、結婚を強く意識するようです。自分と同じ年頃の芸能人の結婚は上位に上がるかと思われましたが、テレビでの出来事は自分のことと同一に考えられないためか、10位に留まっています。

今回は、全体的に均等な投票結果となりましたが、それだけ結婚スイッチが入るタイミングは人によって違うと言えるでしょう。ただし、ランキングの上位に挙がった項目のほとんどに、「友人」そして「寂しさ」といったようなキーワードが共通して見られます。現在は未婚社会となり、結婚しない友人が周囲に多くいるという状況が続いています。そういったスパイラルが未婚率の下がらない原因の一つとしてあるのかもしれません。