vol.4 若いほうが相手を長く待てる、年齢上がるごとに短気?

婚活道場

砂時計イラスト

若い人のほうがゆっくり待てるのは携帯のおかげ?

「旅行先の朝。あなたはもう出かけられるのに、お相手の支度が一向に進みません。どれくらい待てますか?」と聞いたところ、「30分」と答えたのが40代では57.8%だったのに対して、30代は46.9%、20代では21.4%と、40代の半数以上の方は30分で相手の支度にしびれを切らしてしまうことが分かりました。
更に「1時間待てる」と回答したのが40代の22.2%に対して20代はなんと半数となる50.0%にも上り、20代は40代に比べ相手を待てる時間に2倍の余裕あることがわかりました。
更に驚くべきことに「3時間待てると」とする30代は7.3%、40代が6.7%と1割にも満たないのに対して、20代は17.9%がそう答えています。

貯金額グラフ

また、「『今度の休日、空いていたら遊園地に行こう』と言われていました。でも前日の夜10時なのに、まだ連絡が来ません。気になって、確認のメールを入れました。メールの返信をどれくらい待てますか?」という質問においても、年代が上がるにつれて、「相手を待てない」という回答結果になっていることが分かりました。(「30分」との回答が20代32.1%、30代40.6%、40代46.7%。「3時間」20代28.6%、30代27.1%、40代22.2%)更には20代の3割以上(32.1%)は「当日朝まで」待てると回答、前述の設問と同様に、若い世代の方が相手を気長に待てるということが分かりました。

今回の2つの結果から、若いうちから携帯電話など、いつでもどこでも相手と連絡を取ることのできる通信環境で育った今の20代と、青春時代は家の固定電話を通して連絡をとるしかなく、事前の準備や心構えが必要だった今の40代では、時間に対する考え方が相当に違うことがわかりました。

「センス感じないのに、デザインの勉強のためのフランス留学」⇒1年以内が9割(91.6%)
対して「司法試験合格のための勉強」は3年以内まで待てる

他の調査では、キャリアアップにかける時間をどれくらい待てるかという二つの質問も行いました。
・「『デザインの勉強をする』と言ってフランスに留学するとのこと、正直センスはイマイチなのに・・・。あなたは、どれくらい待てますか?」
・「司法試験に合格するため『勉強に専念したい』と、会社を辞めてしまいました。試験に合格するのをいつまで待てますか?」
二つの比較を行ったところ、司法試験では「即アウト」が18.4%に対して、フランス留学は大幅に多い27.4%と大きな違いが見られました。

フランス留学グラフ

司法試験は「受かるまでずっと待てる」という方も9.5%いるなど、フランス留学に比べ、試験に合格した先の成功がイメージしやすく、投資対効果を考えたためか、全般に寛容な回答が得られました。
3年間は待てると回答したのは司法試験では29.6%に対して、フランス留学の場合はわずか5.0%、「帰ってくるまでずっと」と回答したのは更に少ない3.4%、うち女性の回答者は0人という結果となりました。

司法試験グラフ

男女の違いを見ると、女性は男性と同様に大半が1年間は待っているものの、「帰ってくるまで」、「受かるまで」待つという方はかなりの少数派と、やはり現実的であるということが分かりました。一方の男性は、元々ファンタジーを好む傾向がありますが、今回の質問に関しては相手がそうなった場合に「どう思うか」というよりも、自分がそうなった場合に、「どうして欲しいか」と置き換えて考える傾向があるように思えます。「帰ってくるまで待つ」、「受かるまで待つ」という項目では、女性と比較して、あきらかに高い回答数が得られました。