辛酸なめ子の恋の金言教室

vol.09 フラー

今週の金言

結婚前には両目を大きく開いて見よ。結婚してからは片目を閉じて見よ。

金言の主フラー

7世紀に活躍したイギリスの神学者かつ歴史学者。英国国教会の牧師で、それほど功績を残した著名人ではないが、残した名言が多いことで知られる。

すっぴんで手に入れる結婚は最強です

今度挙式することになった友人の結婚のいきさつを聞いて、驚いたことがありました。彼女は30代半ばなのですが、今までほとんどメイクをしたことがなく、いつもノーメイクに日焼け止めだけで暮らしています。童顔で肌もきれいなのでとくに問題ないのですが、つまり彼と知り合ってデートしていた時もずっとノーメイクだったことになります。女性誌に載っているメイクのテクを全然使わずに、アイライナーやマスカラやつけ睫毛やリップクロスにも頼らずに、男性との恋愛関係をキープできるなんて驚きです。


自分はすっぴんなんてとても男性に見せられず、結婚したら一晩中塗っても肌に負担のないファンデーションで寝化粧するしかないと思い詰めていたくらいなので、彼女の話はかなり衝撃でした。デートもノーメイクなら、プロポーズを受けた時もノーメイク......。常に、生まれたままのすっぴんを見せていて、それで好きになってもらえたのなら女として最強です。男性は幻滅しやすく、濃いメイクをしていた女性が結婚してから素顔を見せたら萎えてしまうこともあります。


以前、デコラティブなヘアメイクのギャルの子に取材した時、「彼氏とつきあっている間、三段階くらいわけてメイクを薄くしていって少しずつ慣らす」と話していたことを思い出しました。そこまで行かなくても、多くの女性は、すっぴんを見られる時は電気を暗くしたり、相手より早起きしてメイクしたり、様々な苦労をしているのです。でも、その友だちのようにずっとノーメイクだったのなら、そんな気苦労とも無縁です。そして夫になる人は、女性の外見に惑わされず、本質を見ることができる素晴しい男性なのだと感動を覚えました。結婚式の時にいきなりメイク姿を見て、彼が怯えてしまわないかというのが心配ですが......。

辛酸 なめ子
辛酸 なめ子
漫画家、コラムニスト。慇懃(いんぎん)でおっとりとした文体とは裏腹に、独特な画風と皮肉の効いたコラムで人気を博し、現在さまざまなメディアで活躍中。主な著書に、『消費セラピー』(集英社文庫)、『女修行』(インフォバーン)、『女子の国はいつも内戦(14歳の世渡り術)』(河出書房新社)、『アイドル食虫花』(コアマガジン)など多数。