辛酸なめ子の恋の金言教室

vol.04 グレタ・ガルボ

今週の金言

これまで見たものの中で最も美しかったものは、腕を組んで歩く老夫婦の姿でした。

金言の主グレタ・ガルボ

初期ハリウッドの伝説的スター。「永遠の夢の王女」と呼ばれた美しき大女優だったが、わずか36歳にして引退し、生涯独身だった。

縦笛の音色に究極の夫婦愛を感じました

よく、理想の老夫婦像として挙げられる、チャーミーグリーンのCM。老夫婦が仲良く手をつないでいるほのぼのとした映像に癒され、将来こんな夫婦になりたいと夢を抱いた人も多いと思います。結婚意欲を高めるために、街中に素敵な老夫婦がいないか探してみました。お花見のシーズンの谷中霊園には老夫婦が墓の前でふたり花見をしていたりして微笑ましい反面、墓が現実的に彼らの近未来に迫っているようで、切ない光景でもあります。桜の下を手をつないで歩いている老夫婦を発見、と思ったら奥さんが飲みすぎて足元がおぼつかなくなり、夫が引っ張ってなんとか歩かせているところでした。


なかなか理想的な老夫婦にめぐり会えないと思っていたら、ある日、日比谷公園で感動的なシーンを目撃。どこからか笛の音が聞こえてきたのでその方向を見たら、老夫婦が一緒に縦笛を吹いていたのです。「春のうららの~♪」という、滝廉太郎作曲の風流な曲でした。夫のソロパートでは妻が横でリズムを取って、完璧に息が合っていました。究極の夫婦愛に、通りすがりの外国人観光客も足を留め、笛の音色に聞き入ったり、写真を撮ったりしていましたが、老夫婦はまったく気にせず2人の世界に没入していました。肺活量を高め、指を動かす「笛」は健康とボケ防止にも役立ちます。老後の夫婦生活の必須アイテムは笛、と心にメモしました。

辛酸 なめ子
辛酸 なめ子
漫画家、コラムニスト。慇懃(いんぎん)でおっとりとした文体とは裏腹に、独特な画風と皮肉の効いたコラムで人気を博し、現在さまざまなメディアで活躍中。主な著書に、『消費セラピー』(集英社文庫)、『女修行』(インフォバーン)、『女子の国はいつも内戦(14歳の世渡り術)』(河出書房新社)、『アイドル食虫花』(コアマガジン)など多数。