辛酸なめ子の恋の金言教室

vol.01 永井荷風

今週の金言

ねえ、あなた。話をしながらご飯を食べるのは楽しみなものね。

金言の主永井荷風

耽美的な作風で明治から昭和にかけて活躍した文豪。二度結婚をしているが家庭を顧みない遊び人としても有名だった。

神様だって孤食は淋しいらしい

たまに祖母に会うと「ひとり暮らしで食事は淋しくない」と慰められ、そんなことはないと不本意に感じるのですが、気付かないうちに淋し気オーラでも出てしまっていたのかもしれません。人間を超越している神様ですら、孤食は淋しいらしいです。


前に伊勢神宮に行った時に、天照大神のお社のそばに、一緒に食事をするために呼ばれた豊受大神のお社があるのを見て、ひとり食事の弊害について考えさせられました。永井荷風による「ねえ、あなた。話をしながらご飯を食べるのは楽しみなものね」というシンプルだけど直球な格言も心にしみます。


ひとりだと会話する相手がいないので、間を持たすために雑誌やテレビを見たり、片手でパソコンを操作しメールチェックをしながら食事してしまいます。無意識のうちに誰かとつながっていたいのかもしれません。


でも、何かを見ながら食べると姿勢が悪くなって消化に良くないし、パソコンのキーボードも不衛生です。自分の健康のためにも、結婚して誰かと食事するのは必要だと思えてきました。

辛酸 なめ子
辛酸 なめ子
漫画家、コラムニスト。慇懃(いんぎん)でおっとりとした文体とは裏腹に、独特な画風と皮肉の効いたコラムで人気を博し、現在さまざまなメディアで活躍中。主な著書に、『消費セラピー』(集英社文庫)、『女修行』(インフォバーン)、『女子の国はいつも内戦(14歳の世渡り術)』(河出書房新社)、『アイドル食虫花』(コアマガジン)など多数。