結婚できる人、できない人

vol.19 幸せになれる恋のすすめ方

これまで、さまざまなテーマで恋について、結婚について考えてきましたが、今回がいよいよ最終回。 これからも婚活を続けて、いつか幸せを手に入れるために、恋のすすめ方のON&NG例を出してみました。

結婚できる人

あなたが好かれるタイプは?

付き合った人ではなく、自分に言い寄ってきた人を過去からず~っと振り返ってみると、誰しもある傾向が見つかると思います。何だか自信なさげなタイプにモテるのであれば、あなたはそれだけ明るく気安いオーラを振りまいているのでしょう。オレさまタイプにもてるのであれば、あなたはそれだけキレイな女オーラを放っているのでしょう。

言い寄られた人が結婚相手!?

結婚できる人

もし今から結婚相手を選ぶなら、これまでモテてきたタイプのなかから選ぶのがベスト。これはもう昔から言われていることですが、やっぱり女は愛されてこそ。特に結婚まで至りたいと思うならなおのことです。あなたが昔から得意とするタイプであれば、その奥にある彼の人柄や価値観に触れる機会も早く、相手を見極めるという意味でやりやすいという利点もあります。

居心地のよさは愛があってこそ

結婚していく女友達を見ていると、三股をかけてみたり、男子校2クラス分くらいの男と付き合ったりと、いろいろなことを経ても、みんな結局収まるところに収まっていくな~と強く感じます。収まるべきところとは、ずばり、その人自身が一番心地よく居られるパートナーのところ。その居心地のよさは、愛されているという安心感があってこそ、得られるものなんです。友人の一人が、結婚を控えた彼との関係を「自分専用の椅子にすとんと腰を下ろしているみたい」と評していましたが......。その彼は、友人がかつて恋人として求めてきたタイプとはほとんど真逆。でも、そのカレといる時の友人は、これまでになく、のびのびとしていました。好きな人にモテたいがために、自分があまり好きじゃないことをしても、恋が成就する頃にはあなた自身が疲れてしまうことも。好みじゃないタイプにばかりモテる......と敬遠せずに、そのターゲットのなかから恋を育むことを考えてみましょう。


結婚できないタイプの人はこんな行動をしがちです。身に覚えはありませんか?

結婚できない人

女のコは自信を持たなきゃ始まらない!?

ちょっと苦い経験をするのも、オンナの修行と思えば修行ですが......。なかにはしなくてもいいことまでして自信をなくしてしまう人も。基本的に女子は自信をなくしたら、どんどんオーラが失せてしまう生き物。いつもキラキラと恋をすすめるためにも、「そんなのどうでもいいから、次!」と、背中をはたきたくなる最多例を2つ紹介します。

メールアドレスを交換した後で......

結婚できる人

合コンで何となく気になる人と会い、メールアドレスを交換したとします。その後、何を約束するでもなく近況などをたらたらとやり取りをしたり、もしくは一度ご飯を食べに行ったけど、その後はメールのやり取りのみという状況ってありがちですよね。この人とご飯を食べてもなあ......と相手に関心がない場合は、そのまま何となく間隔を空けつつメールのやり取りに終始していればいいわけですが......。問題は、あなたがその相手とデートしたいときです。

ここで自分から誘うのはOK?

そのような状況を自分から打開するべく、思い切って誘っちゃえ!という手もあると思うのですが、この場合、自分からはデートに誘わないほうが正解。メールのやり取りが続いているという気安い状況で相手が誘ってこないのは、アナタにそれだけの興味がないからなんです。例えば、2人で行きたい場所を話題にしたりなど、誘いやすくするためのやりとりはいくらでもOKですが、決定打はカレにまかせましょう。あなたから言っても、食事に......という状況になるかもしれませんが、相手はそれほど喜んでいなかったり、あるいは返信さえこなくなる場合だってあるんですよ。例え軽い気持ちで誘っていたとしても、その結果が不本意であれば女ゴコロは傷つくもの。ここはあえてグレーゾーンで止まるべき。そして次へ行くべきなんです。

初対面の男性の反応を気にしすぎないで!

合コンをやっていると時折遭遇するのですが......。相手の男性が一人の女のコに夢中になってしまったとき、その隣にいた女のコが、びっくりするくらいしょげてしまうことってあるんです。例えば、ある男性がAちゃんという女のコに一目ぼれしてしまったとき。ひと目見たときから、その男性はAちゃん狙いになってしまっているのですから、話をするのもAちゃん、メニューを取ってあげるのもAちゃん。その隣にいるBちゃんに、まったく気が回らないことってあるんです。そんなとき、Bちゃんが、「そんなにも無視されてしまう私って一体......」と、女としての自信を思いっきり喪失してしまうことがあるのですが、それって、その男性がただAちゃん好みだっただけ。もちろんそのオトナ気ない態度はどうかと思いますが、そのことをBちゃんが気にする必要はまったくないのです。ささいなことで傷ついてしまうのが女ゴコロでも、そこで一喜一憂するのは、時間のムダ。思い通りにいかないことも、あえて流しちゃうくらいのタフさは不可欠です。女のコはちょっぴり自信過剰くらいが、恋も仕事もうまくいくもの。さくさく進んで、最後に成功すればいいんです♪


「結婚できる人」になるための3か条


辛酸なめ子の恋の金言教室

人気コラムニスト辛酸なめ子さんが、恋愛に悩める全ての人に送るコラム。
恋の偉人達の金言を、独特の切り口でユーモアたっぷりにご紹介します。

辛酸なめ子の恋の金言教室