婚活用語辞典

は行の婚活用語辞典

バージンロード

キリスト教挙式の際に、新婦が父親と左腕を組んで入場する祭壇に向かってまっすぐ伸びている教会の中央通路で、赤いじゅうたんの上に敷かれている白い布をいう。花嫁が祭壇の近くまで来たら、新郎が歩み寄り新婦の手を取り、父親は腕をほどいて新郎にゆだねる。挙式後は新郎新婦が腕を組んで、バージンロードを歩いて退場する。


花嫁

結婚式を挙げる女性(新婦)、または結婚して間もない女性のこと。


四季の一つ。前年の冬の次、夏の前に位置する。出会いと別れの季節である。「物事の始まり、新年の始まり」の意味を持つ言葉でもある。


バレンタインデー

2月14日に祝われ、世界各地で男女の愛の誓いの日とされる。269年にローマ皇帝の迫害下で殉教した聖ウァレンティヌス(テルニのバレンタイン)に由来する記念日であるとされている。


媒酌人

結婚式や披露宴における仲人をさし、通常は、縁談の仲介者や結納の際の仲人が努める。結婚式では新郎新婦の誓約の証人となり、披露宴では式の報告者の役割を果たす。

本来は、縁談の仲介者や結納の仲人が努めるが、挙式当日のみの役割として依頼される場合が多くなっている。

一般的には、学生時代の恩師や新郎側の勤務先の上司などに依頼し、正式に結婚している夫婦であることが基準となっている。


パートナー

配偶者またはそれに準ずるもの


初穂料

神社で挙式する場合(神前式時)に、挙式料のかわりに「神様に奉納する金銭」として納めるお金のことで、「御玉串料」とも呼ばれる。


引出物

披露宴に来て頂いたゲストに差し上げるギフト。実用品が多い。最近は「カタログ式」もすっかり定着した。


BGM

披露宴演出で、一番カンタンにできるもの。もっとも「生演奏」や「歌を歌ってもらう」という場合もある。選曲で2人の個性が発揮される。


引き菓子

引出物と一緒にゲストに持ち帰ってもらうお菓子で日持ちするものが好まれる。引き菓子は新郎新婦のふたりからのゲストへのおもてなし、感謝の気持ちとも言われる。


ファースト・バイト

ケーキカット後、ケーキを新郎新婦がお互いに一口食べさせる。バイト(bite)とは英語で「かじる」の意味。


ブートニア

新郎がタキシードなどの左襟のボタンホールに挿す花。もちろんブーケと同じ花を使う。


ブーケ

はるか昔、プロポーズの気持ちを込めて、男性が女性に花束を渡したことに由来する。今では花嫁自らドレスとのマッチングを考え選んでいる。生花の場合、花にもよるが、結婚式後ドライフラワーや押し花にして記念に残すこともできる。


ブーケ・トス

挙式後、来てくれた独身の女の子たちに花嫁がブーケを投げる演出。それを受け取った女の子が次の花嫁になれると言われる。ゲストに背を向け、後ろへ投げる。


フラワー・シャワー

挙式後、教会から出てくる新郎新婦に花びらをまいて祝福をすること。他にも「パールシャワー」「ライスシャワー」「シャボン玉シャワー」などがあるが、「掃除が大変」ということで対応してくれない教会やホテル・式場もある。ちなみに、「本物そっくり」の花びらもあるので便利。


プロフィール・ビデオ

2人の生い立ちの写真や出会いから現在に至るまでを短く編集したビデオ。


文金高島田

花嫁が白無垢や内掛を着る際の日本の代表的な髪型


フリータイム

フリータイムとは、お見合いパーティなどで興味のある異性と自由に話すことのできる時間のことを指します。


フリートーク

フリートークとは、雑談、自由な討論という意味を持ちます。お見合いパーティなどで言われるフリートークとは、自分が興味を持った相手と自由に話すことを指します


ブライダルフェア

結婚式場・ホテル・披露宴会場などの式場で本番さながらの演出・セッティング等を体験することができるウェディングのイベントの事


ペーパーアイテム

招待状や席次表、席札など、結婚式で必要とされる「紙」のアイテムの総称。


ベールアップ

挙式の誓いのキスの際、花嫁は少し腰を落として、お祈りするようなポーズをとり、花婿にベールをあげてもらう。ベールは夫婦となる2人の垣根を意味し、夫婦となるために、その垣根を取り払う、という意味がベールアップには込められている。


本命

本気の相手


芳名帳

受付に置いて招待客に名前や住所を書いてもらうもの


ホワイエ

フランス語で、劇場・ホテルなどの休憩所やロビーの意味。披露宴やパーティが始まる前にゲストが待機するスペースのことを指す。

は行の用語一覧