ニュースリリース

News Release

2014年9月29日
株式会社オーネット

【号外】日本全国47都道府県の独身男女の結婚に関する意識調査

男性が結婚相手の女性に求められる年収は平均471.2万円!

女性の58.4%が「結婚の相手は年収が大事」と回答。
就労環境や収入など、男女格差を反映した結婚観がくっきり。

楽天グループの結婚情報サービス会社、株式会社オーネット(本社:東京都品川区 代表取締役社長:森谷学)は、 全国47都道府県において、2012年11月から2014年6月にかけて、25~39歳の一般独身男女計6,232名を対象に 「結婚」に関する意識について調査を実施。今回は、全国に住む男女を取り巻く結婚に関する状況において、特に 「結婚相手に希望する年収」をトピックスとして取り上げてみた。
オーネットでは今回のような全国規模の「独身男女の結婚に関する意識調査」の他にも、今後も、結婚や恋愛など、 日本の結婚に関する様々な意識調査の実施を予定している。

■ 特徴1 【結婚における年収への意識調査】

男性にとって「結婚相手の年収を重視する」のは10.3%だが、
女性においては58.4%が「年収が重要」。やはり女性の方がシビアな結果に!

「結婚相手に重視する項目は何ですか?」という質問に対し、「年収」と答えたのは、男性が日本全国平均で10.3%となった一方で、女性は58.4%。女性らしい現実的な思考と同時に、夫婦生活の収入基盤において男性の影響が大きい事が見てとれる。その中で、最も男性の年収を重視するのは熊本県の女性75.0%だった。

■ 特徴2 【結婚における年収への意識調査】

「結婚相手の年収がゼロでもかまわない」と答えたのは、
男性においては半数に迫る42.2%、しかし女性はわずか3.4%!

結婚相手の年収に対し「無くても良い」と答えたのは、男性が42.2%であり、女性はわずか3.4%。つまり96.6%の女性は、 男性に対してしっかりと稼いでほしいと期待している事になり、時代は変わっても出産育児などの事情がある女性としては、男性に対して家庭の主要な収入源として強い期待を寄せている事がわかった。

■ 特徴3 【結婚における年収への意識調査】

独身男女が望む世帯収入は、東京がトップで平均736万円、2位が千葉716万円。
最も少ないのは和歌山県の448万円!

男性が女性に望む年収、女性が男性に望む年収を合計した、希望する世帯収入は、東京がトップで平均736万円、2位が千葉で716万円となり、やはり首都圏の経済力の強さが反映された結果に。

■ 特徴4 【結婚における年収への意識調査】

男性に求められる年収は、やはり東京が最も高くて平均577万円。
一方で和歌山県や沖縄県では400万円を割り込み、都道府県で大きな差がくっきり。

女性が男性に求める希望年収は、やはり東京が最も高くて平均577 万円でトップ。 同じ首都圏の千葉県・神奈川県・埼玉県も平均500万円を上回っている。一方で和歌山県と沖縄県では400万円を割り込んでおり、鹿児島県400万円、青森県408万円と、日本国内における地域間の経済格差が表れている。

■特徴5 【結婚における年収への意識調査】

男性が女性に求める年収は、平均178万円、どの県も100万円~200万円の幅に収まる。
女性の社会進出や収入格差の実態が反映されている!?

地域によって大きな差が表れた男性に求められる希望年収に対し、男性が女性に求める希望年収は、日本全国で大きな差は無く、 47 都道府県すべてにおいて、100万円~200万円ほどの範囲に収まっている。全国平均でも178万円と、男性に求められている 年収とは差が付いている。正社員としての年収を期待しているのではなく、アルバイトやパートで一年間働くことを想定した金額であり、女性の社会進出や収入格差の実態が、男性の結婚観にも表れていると考えられる。

- 調査概要 -

この資料は、楽天グループの結婚情報サービス会社、株式会社オーネット(本社:東京都品川区 代表取締役社長:森谷学)が、2012年11月から2014年6月にかけて、 25~39歳の一般独身男女計6,232名を対象として、「結婚」に関する意識などについて調査した結果をまとめたものです。

  • ■調査名 : 独身男女の「結婚」に関する意識調査
    ■調査地域 : 日本全国(11地域に分けて調査実施)
    ■調査対象 : 調査時点で25歳から39歳までの一般独身男女
    ■調査方法 : インターネットを利用したクローズ調査
    ■調査期間 : 2012年11月~2014年6月
    ■調査主体 : 株式会社オーネット
    ■サンプル数 : 6,232 人
あなたが結婚相手に重視する項目は何ですか?において、年収と答えた割合

※ 表記の無い場合の単位は%です。 調査結果の数値は小数点第2 位以下を四捨五入しているため、合計で100%にならないことがあります。

※ 出版物・印刷物等、本資料をご使用になる場合には、楽天オーネット 広報グループ宛連絡のうえ、“結婚相談所「オーネット」調査”と明記ください。 (TEL:050-5817-5606 mail :onet-pr@mail.rakuten.com)

あなたが結婚相手に重視する項目は何ですか?において、年収と答えた割合 年収が重要と回答した男性・女性別順位

結婚相手を選ぶ際に「年収が重要」と答えた割合は、日本全国47 都道府県すべてにおいて、女性が男性を上回る。 最も高い熊本県では75.0%の女性が「年収」を重要項目としてピックアップ。同じ九州の宮崎県と鹿児島県が熊本 県に続いて上位に並んでおり、九州南部の3 県がトップ3 となっている。

あなたが結婚相手に希望する年収は?において、各県の希望年収の平均 男子絵が、女性に希望する年収・女性が、男性に希望する年収・男女両方の希望年収を合計

「男性が、女性に希望する年収」は、100万円~200万円にほぼほぼ収まっており、専業主婦という選択肢や、働いたとしてもパートやアルバイトによる収入を想定している回答が数多い事をうかがわせる。また県別で見ていくと、大きな差はないもの新潟県と福井県がトップで205万円、富山県がそれに続き、石川県を除く北陸地方が上位にきている。 「女性が、男性に希望する年収」は、東京都が最も高くて577万円。千葉県・神奈川県・埼玉県と首都圏地域が上位5 位に並ぶ中で、近畿地方からは奈良県がランクイン。兵庫県512 万円や大阪府482万円、京都府468万円、滋賀県450万円と比べて近畿地方の中では飛びぬけて高い。

希望する世帯合計収入全国マップ

「男性が、女性に希望する年収」と「女性が、男性に希望する年収」を合計した、世帯希望年収を50万円毎にマッピング。首都圏における東京都と千葉県が世帯収入として700万円以上を希望。 神奈川県は、男性に求められる希望年収は高いものの、「女性が、男性に希望する年収」が全国の中でも低く、そのため平均的な範囲に収まっている。 全国の傾向で見ると、宮城県や福岡県といった地方の主要経済地域が高めの傾向を示すが、愛知県が平均より低い。男女ともに同じ傾向を示しており、「結婚式が豪華」で知られる一方で、年収への希望は質素で控えめな結果となった。
※白地図は「CraftMAP」より。 http://www.craftmap.box-i.net/

希望する世帯合計収入全国マップ

全国の「男性が、女性に希望する年収」と「女性が男性に希望する年収」それぞれの金額別分布。

「男性が、女性に希望する年収」は、全国平均では178 万円、最も多い回答は「無くても良い」42.2%であり、 専業主婦という選択肢を踏まえた回答となっている。夫婦で働くダブルインカムであっても300 万円がピーク となっており、そこから一気に減衰、600 万円以上の高所得を希望する男性はほとんど見られなくなっている。 実は「無くても良い」に続いて多い回答は、「250~300 万円」15.2%であり、家事や育児など家庭を大事にし つつも正社員として働いてほしいと希望する男性も多い。現実問題として専業主婦という選択肢がある以上、 それを容認しつつ、しかし可能ならば働いてほしいというのが男性の本音か。

「女性が、男性に希望する年収」は、全国平均で471万円。「250~300万円」11.7%から「550~600万円」9.3%がボリュームゾーンとなっており、対して「無くても良い」は3.4%。 男性が仕事を辞めて家庭に入るという選択肢はほとんどなく、正社員としてしっかりとした年収を期待されている事がわかる。 最も多い回答は「450~500万円」で21.5%、「350~400万円」の16.6%、「250~300万円」11.7%がそれに続いており、最低で300万円、できれば500万円の年収が期待されている。

■ この件に関するお問合せ先 ■
株式会社オーネット 広報グループ
TEL:050-5817-5606 FAX:03-3474-1775 E-mail:onet-pr@mail.rakuten.com