ことぶき科学情報

2009年6月 編集・発行 株式会社オーネット

vol.51号 : 2009年全国20代・30代未婚男性 結婚意識調査

2009.5.3-5.8調査 全国:1,135名

20代・30代未婚男性が考える夫婦の形は仕事も収入も共同・分担
将来の配偶者にはフルタイムで働いてほしい 40.4%(99年調査 27.3%)
「収入を得る」ことも夫婦で共同・分担したい 58.1%
「結婚したい(77.8%)」気持ちは変わらないが、恋愛事情(「交際相手はいない」70.0%)は調査開始以来最低を記録

社会の最小構成単位の核である「夫婦」。これからの社会を担う青年層は自分たちがつくる“夫婦のかたち”をどのようにイメージしているのか。めまぐるしく変わる社会状況のなかで、夫婦に関する意識の変化の芽を見据えるため、全国1,135人の20代・30代未婚男性を対象に、彼らの働きかた、交友関係、恋愛、結婚意識から、彼らの考えるパートナーシップのあり方を探るべく調査を行った。

理想の夫婦の形は「公平・平等型」73.7%。彼らは、収入、家計のやりくり、日常の家事、育児、子どもの教育まで、すべて“共同で分担”を志向する。結婚後の生活も「配偶者とは困ったときに相談しあいたい」、「配偶者とはよく会話をしたい」が9割を超えるなど夫婦の共同参画意識は強い。 しかし、“公平・平等志向”が強いものの、そこには微妙な変化が生じていることがうかがえる。

彼らは結婚を考える際に、相手の年齢、学歴、職業、年収を「こだわらない」としながらも、“学歴も年収も同等、できれば正規雇用で働いている”女性を相手として求めている。結婚後の配偶者の働き方も「専業主婦」や「派遣・アルバイト等」を押え、「フルタイムで働いてほしい」という希望を4割以上が表明している。また、「収入を得ることを共同・分担したい」という希望は58.1%に達し、特に20代では99年調査時34.0%から19.9ポイントも上昇したことから、現在の経済不況を反映してか、従来は、「公平・平等型」を理想としつつも経済面では男性が主となる意識も保持していた男性の共同参画意識は、現在では、女性にも経済面を担ってもらいたいという意識に進化しつつあるようだ。

「交際相手はいない」70.0%と彼らの現在の恋愛状況は芳しくはない。しかしながら、半数以上が「女性の友人」を持っており、過去の恋愛経験は微増。また、交際相手がいる男性は、74.1%が「自分から告白した」と回答するなど、女性とのコミュニケーションや恋愛について積極的な姿勢も見せている。 また働き方も、「仕事より私生活を優先」と回答しつつ、「職位や報酬よりも働きがいや達成感を優先」と働く意欲も忘れない。結婚についても、「結婚したい」77.8%、「結婚によって人生の楽しみは多くなる」73.9%と結婚意思は健在だ。

「自分は動物的ではなく、どちらかというと植物的」と51.0%が回答する2009年20代・30代未婚男性。自身の生活を大切にする強いマイペース志向を基本に、仕事や恋愛、結婚意欲を適度に現しながら、経済不況下の時代のなかで、従来の男性が考える公平・平等意識とは異なった、新しいパートナー関係の構築を予想させる20代・30代の男性の意識が浮かび上がった。

2009年6月 編集・発行 株式会社オーネット
当報道資料についてのお問い合わせは、株式会社オーネット マーケティング部 広報グループ までお願いいたします。
TEL:050-5817-5606 FAX:03-3474-1775 URL http://onet.rakuten.co.jp/

-調査概要-

この資料は、結婚情報サービスを運営する株式会社オーネットが、2009年6月に20代・30代全国の未婚男性計1,135人を対象に、彼らの働きかた、交友関係、恋愛、結婚に関する意識を中心に、彼らの考えるパートナーシップのあり方を調査し、まとめたものです。

  • 調査名 : 楽天オーネット「2009年全国20代・30代未婚男性 結婚意識調査」
  • 調査地域 : 全国
  • 調査対象 : 2009年5月3日時点で、20歳~39歳迄の結婚経験のない男性
  • 調査方法 : 楽天リサーチ株式会社(インターネット調査会社)協力によるクローズ調査
  • サンプル数 : 1,135人 (20代男性605人 30代男性530人)
  • 調査期間 : 2009年5月3日(土)‐5月8 日(金)
  • 調査主体 : O-net(楽天オーネット)
  • 調査協力 : 楽天リサーチ株式会社
  • 調査・報告 : 株式会社オーネット 篠塚涼子(サービス部)

※表記の無い場合の単位は%です。 調査結果の数値は小数点第2位以下を四捨五入しているため、合計で100%にならないことがあります。

-目次-

2009年20代・30代未婚男性の現在
  • 自分は植物的だ 51.0%
  • 自殺を考えたことがある 38.6%
  • 現在の関心はお金 61.9%
2009年20代・30代未婚男性の仕事意識
  • 仕事よりも私生活を優先させたい 43.7%
  • 「ワーク・ライフ・バランス」の名前も内容も知らない 52.9%
2009年20代・30代未婚男性の女性の友人
  • 女性の友人がいる 59.0%
  • 女性の友人が必要 66.3%
2009年20代・30代未婚男性の恋愛に対する意欲
  • 交際相手はいない 70.0%
  • 交際相手はほしくない 21.8%
2009年20代・30代未婚男性の恋人とのつき合い方
  • 恋人に先に告白をしたのは自分 74.1%
  • 追いかけるよりも追いかけられたい 60.2%
2009年20代・30代未婚男性の結婚意思
  • 結婚はする 77.8%
  • 経済不況下でも、自分の結婚したい気持ちはこれまでと変わらない 70.9%
2009年20代・30代未婚男性の結婚相手の条件
  • 結婚相手に重視することは 容姿よりも健康
  • 結婚相手の理想は自分と同等
  • 配偶者にはフルタイムで働いてほしい 40.4%
2009年20代・30代未婚男性の夫婦の形
  • 結婚相手との理想のパートナー関係は「友だち型」 73.7%
  • 「友だち型」 は微減 (20代男性 年次比較)
2009年20代・30代未婚男性の結婚の形
  • 配偶者とは困ったときに相談しあいたい 93.7%
  • 専業主夫でもかまわない30代男性 69.4%
2009年20代・30代未婚男性の結婚の形 2006年調査比較
  • 結婚しても自分の部屋がほしい 83.5%
  • 20代男性「別居婚」容認率 23.1%
2009年20代・30代未婚男性の未来
  • 親世代と比べて今後の生活は悪くなる と51.0%が予想
  • 将来の暮らし方は「家族や友人を大切にする暮らし」 29.3%