ことぶき科学情報

vol.37号 :  25~39歳の独身OLを娘に持つ母親の母娘関係実態・意識調査

同居している娘のために母親がしてあげていること
「洗濯」(89.5%)「部屋の掃除」(41.0%)「金銭的援助」(23.0%)など
でも「自分にパラサイトしているとは思わない」=66.5%

娘が同居している母親(200名)
娘が別居している母親(200名)計400名

25~39歳の独身の働いている娘を持ち、現在その娘と同居している母親(200名)、娘と別居している母親(200名)、合計400名(首都圏・阪神圏在住)を対象に、母娘関係の実態や意識について調査した。
その結果、娘と同居している母親の89.5%が「娘の衣服や寝具を洗濯することがある」、41.0%が「娘の部屋の掃除をすることがある」と回答。80.5%が「娘は自分のおかげで随分楽をしている」と答えたが、66.5%の母親が「娘が自分に『パラサイト』しているとは思わない」と回答した。

同居している娘から「生活費などの金銭を受け取っているか」との問いには、63.0%が「受け取っている」(定期的:53.0%、不定期:10.0%)と回答。逆に「娘に金銭的援助をしている」とした人は23.0%(定期的:1.5%、不定期:21.5%)で、「娘は経済的に自立している」と考えている母親は48.0%と半数に満たなかった。

娘が別居している母親については、93.5%が「一人暮らしをして娘が成長したと思う」、81.0%が「一人暮らしをさせて良かったと思う」と回答したが、84.0%が「望めばいつでも実家に戻ってきてよい」と考えていた。「娘に金銭的援助をしている」としたのは22.5%だった。

娘の結婚についてたずねると、全体で98.2%の母親が「結婚して欲しい」と考えていたが、その一方で63.9%が「理想の相手がいなければ結婚しなくてよい」、30.3%が「自分の娘は結婚しないような気がする」と回答した。

また、子育てに関する一般論として、全体の91.7%が「子供には自分より豊かな生活をして欲しい」、72.0%の母親が「子供のために親が苦労するのは仕方ない」、91.5%が「子育てに見返りを期待しない」などと答えていることなどから、別居、同居に関わらず、娘の幸せを思い、できる限りのことをしてあげようとしている母親像が浮かび上がった。

-調査概要-

  • 調査地域:首都圏および阪神圏
  • 調査対象者:25~39歳の独身就労女性を娘に持つ母親
  • サンプル数:400
内訳 娘と同居している母親(同居型) 娘と別居している母親(別居型)
首都圏 100 100 200
阪神圏 100 100 200
合計 200 200 400
  • 調査方法:留置自記入
  • 調査期間:2002年2月6日(水)~2月13日(水)
  • 調査主体:O-net(楽天オーネット)