ことぶき科学情報

vol.11号 : 24~29歳 恋人のいる独身男女の恋愛実態調査

現代恋愛の力関係は女性上位?
女性は「待たない」「連絡しない」「謝らない」!?

24~29歳の現在恋人がいる男女に恋愛実態調査を行ったところ、女性上位の傾向にあることがわかった。

“つきあおうと先に言ったのは”との質問では、「自分から」と回答した男性は82.5%、女性では19.0%と圧倒的に男性かた愛の告白を行う割合が高く、また、“デート時の費用をどちらが持つか”を調べたところ、「割りカン」が男女とも約40%と高いものの、「自分が払う」とした男性は57.5%と、女性の「自分が払う」(6.0%)を大きく上回るなど、表面的には男性が女性をリードしている。

しかし、“待ち合わせの時間に遅れた場合の待ち時間”では、「1時間まで待つ」とした女性(35.0%)は、男性(43.0%)より8ポイント下回った。ちなみに男性は「1時間まで待つ」、女性は「30分まで待つ」(37.0%)がそれぞれ最も多い回答だった。

また、“恋人との普段の連絡”でも「女性からする」(39.0%)が「男性からする」(66.5%)よりも27.5ポイント下回った。

その他、“喧嘩をした時に謝るのはどちらか”を聞いたところ、男女とも半数近くが「同じくらい」と答えているものの、「自分から謝る」とした女性は14.0%で、男性の26.0%の約半数だった。
こうした結果から、男女間の恋愛関係においては男性が努力し、女性は受け身の姿勢をとりたいのか、最低限の犠牲しか払わないという力関係のアウトラインが見えてきた。

-調査概要-

  • 調査地域:首都圏及び阪神圏
  • 調査対象者:24~29歳 恋人のいる独身男女
  • サンプル数:400
  • 調査方法:街頭面接調査
  • 調査期間: 1997年7月18日(金)~28日(月)