ことぶき科学情報

vol.8号 : 20~30歳代独身女性の結婚願望調査

<堅実な結婚願望>
"3高"神話は崩壊!!

20~30歳代の独身女性の結婚に関する願望を調査したところ、意外にも“地に足のついた”結果となった。
彼女たちは、結婚相手に対する“特に気にする条件”として「相手の交友関係」(55.5%)、「子供の好き嫌い」(53.0%)、「相手と相手の母親との関係」(49.0%)などを上位に回答。また、結婚意識においては、彼女等の8割以上が「結婚しても今の生活レベルを落としたくない」、理想の夫婦関係は「友達夫婦型」と答えた。

“特に気にする条件”として「学歴」(17.5%)、「年収」(33.0%)、「身長」(12.0%)は下位にランクされ、いわゆる“3高”を条件とする女性は少なく、同じ目線を持った“友達感覚”の相手を望んでいることがわかった。

夫の理想の平均年収は「631万円」と、20~30歳代の平均年収422万円<平成7年6月 労働省調査/平均月収より算出>より高い数値を示したものの、“学歴を気にする”と回答した女性の6割以上が「自分と同程度が良い」、“身長を気にする”とした人の半数近くが「自分より6~10cm上」と回答するなど、自分の手の届く範囲の理想を持っていた。

これまで、女性の理想の結婚相手の条件としてさわがれた“3高”という結婚神話は過去のものとなった。

-調査概要-

  • 調査地域:首都圏30km及び阪神圏20km(各地域15地点抽出)
  • 調査対象者:30~37歳の独身女性
  • サンプル数:200
  • 調査方法:留置法
  • 調査期間:1997年2月14日(金)から26日(水)