ことぶき科学情報

2013 年2月22日 編集・発行 株式会社オーネット

号外 :「絆」と「母親」が、結婚を後押しする

東北地方の独身男女の結婚に関する意識調査

経済と雇用の不安から逃れられない男性、出会いが無い女性
~結婚相手は性格と人柄が大切~
~お相手に希望する年収は女性459万円、男性163万円~

楽天グループの結婚情報サービス会社、株式会社オーネット(本社:東京都品川区 代表取締役社長:島貫慶太)は、全国43 の支社のうち、秋田支社、盛岡支社、山形支社、仙台支社を運営する東北地方において、2013年2 月に東北地方在住の25~39 歳の一般独身男女計649 名を対象に「結婚」に関する意識について調査を実施した。東北地方に住む男女を取り巻く結婚に関する状況について取り上げてみた。

【「絆」と「母親」が、結婚を後押しする】

東日本大震災をきっかけとし「結婚」への意識が高まったとの回答は23.0%であった。「結婚したいと考えるようになった」12.2%、「結婚したいという気持ちが強くなった」10.8%となる。「絆婚」「震災婚」を裏付ける結果となった。「そろそろ、結婚したら」と最も結婚を話題にするのは「母親」、次いで「職場の人」であった。

  • ■女性の約3人にひとりは、震災を期に結婚への意識が高まった
  • ■息子にも積極的に結婚について話しかける母親
【経済と雇用の不安から逃れられない男性、出会いが無い女性】

「経済・雇用の不安」が独身である理由だと40.0%の男性が回答した。男性は未来に希望を見出せないでいる。男女ともに割合が高いものは37.9%の「異性との出会いの機会がほとんど無い」。結婚相手に出会う手段として有効だと思うものの1 位は、男性では41.3%が回答した「同性の友達からの紹介」、女性では50.8%の「職場恋愛」であった。一方、最も有効であるとの割合が低いのは「親の婚活」である。地域に根付く「祭り」を有効な手段であるとする回答もみられた。実行したことがある手段の1 位は、男性の18.1%、女性の27.4%が参加した「合コン」である。「あてはまるものはない」との回答は男性60.6%、女性47.1 にのぼり、出会いの機会を増やそうとしていないと言えそうである。

  • ■約4割の独身男女たちが結婚相手となる「異性との出会いの機会が無い」
  • ■友人関係と職場に出会いの機会を求めるが、出会いの可能性を広げることも必要
【性格と人柄が大切。希望年収は女性459万円、男性163万円】

結婚相手に重視することに1 位は「性格/人柄」の88.0%である。次いで「価値観」。「収入」については62.3%の女性が重視すると回答。「家事/育児意欲」については男女とも約3 割が重要とし、夫婦協力して家事や育児などに取り組む姿があらわれた。多くの項目において女性が重視すると回答した割合は男性より高い結果となった。女性が男性に望む年収は459 万円であり、男性が女性に望む年収の平均額は163 万円となる。男女の希望額を合わせた年収は621 万円となる。県別で見た場合には653 万円の宮城県が最も高い結果となった。最も低いのは551 万円の青森県であった。

  • ■男女とも1位「性格/人柄」、2位「価値観」。3位は女性「収入」、男性「愛情」
  • ■結婚後は夫婦あわせて年収621万円は欲しい

-調査概要-

この資料は、楽天グループの結婚情報サービス会社、株式会社オーネット(本社:東京都品川区 代表取締役社長:島貫慶太)が、2013 年2 月に東北地方在住の25~39 歳の一般独身男女計649 名を対象に、「結婚」に関する意識などについて調査した結果をまとめたものです。

  • ■調査名 : オーネット:東北地方在住の独身男女の「結婚」に関する意識調査
  • ■調査地域 : 東北地方(青森県、秋田県、岩手県、山形県、宮城県、福島県)
  • ■調査対象 : 2013 年2 月1 日現在25 歳から39 歳までの一般独身男女
  • ■調査方法 : インターネットを利用したクローズ調査
  • ■調査期間 : 2013 年2 月6 日(水)-2 月8 日(金)
  • ■調査主体 : 株式会社オーネット
  • ■サンプル数 : 649人
調査対象者プロフィール
全体649
25歳~39歳男性320
25歳~39歳女性329

※表記の無い場合の単位は%です。 調査結果の数値は小数点第2位以下を四捨五入しているため、合計で100%にならないことがあります。

※出版物・印刷物等、本資料をご使用になる場合には、 オーネット 広報グループ宛連絡のうえ、〝結婚相談所「オーネット」調査〝と明記ください

※(TEL:050-5817-5606 mail :onet-pr@mail.rakuten.com)


株式会社オーネット マーケティング部 広報グループ
TEL:050-5817-5606 FAX:03-3474-1775 e-mail onet-pr@mail.rakuten.com

-目次-

【「絆」と「母親」が、結婚を後押しする】
  • ■女性の約3人にひとりは、震災を期に結婚への意識が高まった
    東日本大震災をきっかけとして「結婚したいと考えるようになった」12.2%、「結婚したいという気持ちが強くなった」10.8%と結婚への意識が高まったとの回答を合わせると23.0%。「結婚したいという気持ちが弱くなった」は2.3%。「結婚したくなくなった」は2.8%にとどまった。
  • ■息子にも積極的に結婚について話しかける母親
    「そろそろ、結婚したら」と結婚を話題にする割合は「母親」が最も高く27.5%の男性と32.8%の女性があげた。2 番目に回答数が多いのは「職場の人」である。女性では23.7%と高い割合となった。一方、男性の55.0%と女性の41.3%は誰からも「言われない」と回答した。
【経済と雇用の不安から逃れられない男性、出会いが無い女性】
  • ■約4割の独身男女たちが結婚相手となる「異性との出会いの機会が無い」
    男性おける独身である理由の1 位は40.0%の「経済・雇用の不安」である。女性では15.2%にとどまり約25%もの違いが現れた。「異性との出会いの機会がほとんど無い」を理由にあげた男性は39.7%、女性は36.2%となる。「自由や気楽さを失いたくない」と回答した男性22.5%、女性26.4%となった。
  • ■友人関係と職場に出会いの機会を求めるが、出会いの可能性を広げることも必要
    男性では41.3%の「同性の友達からの紹介」、女性では50.8%の「職場恋愛」が結婚相手に出会う有効な手段としてあげた。一方、最も有効であるとの回答の割合が低かったのは「親の婚活」となった。「祭り」も有効な手段であるとの回答が上がっている。実行したことがある手段の1 位は男性の18.1%、女性の27.4%が参加した「合コン」である。実行したことのある手段として「あてはまるものはない」との回答は男性60.6%、女性47.1 であり、結婚する意志を持ちながらも出会いの機会を作り出そうとしていないと言えそうである。
【性格と人柄が大切。希望年収は女性459万円、男性163万円】
  • ■男女とも1位「性格/人柄」、2位「価値観」。3位は女性「収入」、男性「愛情」
    重視する項目の1 位は88.0%の「性格/人柄」である。次いで55.9%の「価値観」となる。「収入」については62.3%の女性が重視すると回答した。「家事/育児意欲」については男性27.2%、女性30.1%が重要であると回答している。多くの項目において女性が重視すると回答した割合は男性より高い結果となった。
  • ■結婚後は夫婦あわせて年収621万円は欲しい
    女性が結婚相手にとなる男性に望む年収は459 万円である。東北6 県のなかで女性が結婚相手に希望する年収が最も高かったのは487 万円の福島県。もっとも低かったのは青森県の408 万円。男性が結婚相手の女性に望む年収の平均額は163 万円となる。男女の希望額を合わせた年収は621 万円となる。