ことぶき科学情報

2012年11月30日 編集・発行 株式会社オーネット

号外 : こんなプロポーズは失敗する「プロポーズNGランキング」

独身男女のプロポーズに関する意識調査

“女性の誕生日”に「結婚しよう」が成功の秘訣!
~プロポーズして欲しい男性7.6%。プロポーズをしたい女性1.4%。~

楽天グループの結婚情報サービス会社、株式会社オーネット(本社:東京都品川区 代表取締役社長:島貫慶太)は、2012年11月に全国の25~34歳の一般の独身男女計447名を対象に「プロポーズ」に関する意識について調査を実施した。今回の調査では、男女間におけるプロポーズに関する意識の違いについて取り上げてみた。

結婚したい相手がいる独身男性がプロポーズを成功させるには「日頃から、思いやりをもって交際を続け、交際相手の誕生日に、特別な場所で、『大切にするから結婚しよう。そして、家族になろう』と自らの言葉で伝える」とよいという結果になった。また、女性は男性からのプロポーズを待っていると結婚のチャンスを逃しかねず、男性にプロポーズを迫るか、自らプロポーズする必要があるといえそうである。

【こんなプロポーズは失敗する「プロポーズNGランキング」】

女性が最も言って欲しいプロポーズの言葉は77.7%が支持した「結婚しよう」。男性がプロポーズのときに使いたい言葉も「結婚しよう」である。女性がプロポーズして欲しいと考える日の1位は54.4%の「自分の誕生日」。2位「二人が出会った記念日」、3位「クリスマス」。男性では1位が51.6%の「二人が出会った記念日」、2位「相手の誕生日」、3位「クリスマス」。女性がプロポーズの場として最も適さないと考えるのは51.3%がNGと回答した「ファッションホテル」。男女共通でNGとした割合が高いのは「ファーストフード店」「ラーメン屋」などであった。プロポーズを伝える手段としてNG上位は「友達から」「親から」「知人から」。結婚を決めるきっかけの1位は、男性では60.6%「理想の結婚相手だと感じたとき」、女性では56.0%の「自然の成り行き」。

  • ■プロポーズはストレートに「結婚しよう」がベスト
  • ■「女性の誕生日」「二人が出会った記念日」「クリスマス」が3大プロポーズの日
  • ■プロポーズのNG場所とNG手段は、男女で違う
  • ■「理想の相手」と感じたときに結婚を考える
【プロポーズして欲しい男性7.6%。プロポーズをしたい女性1.4%。】

どちらからプロポーズするか聞いてみたところ、プロポーズして欲しいと思っている男性は7.6%。自分からプロポーズしたいと思う女性は僅か1.4%であった。「プロポーズしようと思ったが、できなかった」男性は12.0%、「プロポーズして欲しかったが、されなかった」経験がある女性は10.4%となった。約5%の男性が「プロポーズされたこと」がある回答した。結婚適齢期である25歳~34歳の交際相手がいる男性の60.8%と女性の70.5%は、現在の交際相手からプロポーズされたら結婚すると回答し、結婚を前提に真剣に交際しているといえる。

  • ■女性は男性からのプロポーズを待っている
  • ■男性の25.3%、女性の36.9%はプロポーズの経験あり
  • ■結婚適齢期の男女交際は結婚を前提に
【結婚相手は優しい人がいい。結婚を決めるは母親に相談したあとで】

結婚の相談相手の1位は「母親」。次いで「同性の友達」が続く。「父親」に相談するのは男女とも約5人に1人となる。結婚相手に求めることは男女とも1位「思いやりがある」。男女とも自分は「思いやりがある」が1位。

  • ■結婚を決めるときの相談相手は、母親
  • ■「思いやり」があり「優しい人」と結婚したい

-調査概要-

この資料は、楽天グループの結婚情報サービス会社、株式会社オーネット(本社:東京都品川区 代表取締役社長:島貫慶太)が、2012年11月に全国の25~34歳の一般独身男女性計447名を対象に、「プロポーズ」に関する意識などについて調査した結果をまとめたものです。

  • ■調査名 : オーネット 独身男女性の「プロポーズ」に関する意識調査
  • ■調査地域 : 全国
  • ■調査対象 : 2012年11月1日現在25歳から34歳までの一般独身男女
  • ■調査方法 : インターネットを利用したクローズ調査
  • ■調査期間 : 2012年10月2日(金)-10月9日(金)
  • ■調査主体 : 株式会社オーネット
  • ■サンプル数 : 447人
調査対象者プロフィール
全体447
25歳~34歳男性225
25歳~34歳女性222

※表記の無い場合の単位は%です。 調査結果の数値は小数点第2位以下を四捨五入しているため、合計で100%にならないことがあります。

※出版物・印刷物等、本資料をご使用になる場合には、 オーネット 広報グループ宛連絡のうえ、〝結婚相談所「オーネット」調査〝と明記ください(TEL:050-5817-5606 mail :onet-pr@mail.rakuten.com)


株式会社オーネット マーケティング部 広報グループ
TEL:050-5817-5606 FAX:03-3474-1775 e-mail onet-pr@mail.rakuten.com

-目次-

【こんなプロポーズは失敗する「プロポーズNGランキング」】
  • ■プロポーズはストレートに「結婚しよう」がベスト
    女性が最も言って欲しいプロポーズの言葉は「結婚しよう」の77.7%。男性がプロポーズのときに使いたい言葉も60.1%が支持した「結婚しよう」。女性が言って欲しいと思う言葉の2位「大切にする」、3位「家族になろう」。
  • ■「女性の誕生日」「二人が出会った記念日」「クリスマス」が3大プロポーズの日
    女性がプロポーズして欲しいと考える日の1位は54.4%の「自分の誕生日」である。2位「二人が出会った記念日」、3位「クリスマス」。男性では1位が51.6%の「二人が出会った記念日」、2位「相手の誕生日」、3位「クリスマス」。
  • ■プロポーズのNG場所とNG手段は、男女で違う
    女性がプロポーズの場として最も適さないと考えるのは「ファッションホテル」であり51.3%がNGと回答。男女共通でNGとした割合が高いのは「ファーストフード店」「ラーメン屋」などであった。男女とも「自分の部屋」をNGと答えた割合は僅か約12%。プロポーズを伝える手段としてNGとの回答が多かったものの上位は「友達から」「親から」「知人から」。
  • ■「理想の相手」と感じたときに結婚を考える
    結婚しようと決めるきっかけの1位は、男性では60.6%「理想の結婚相手だと感じたとき」、女性では56.0%の「自然の成り行き」。「結婚してもやっていけると妥協したとき」は男性27.1%、女性34.2%。
【プロポーズして欲しい男性7.6%。プロポーズをしたい女性1.4%。】
  • ■女性は男性からのプロポーズを待っている
    プロポーズを自分からしたいと思っている女性は僅か1.4%。プロポーズして欲しいと思っている男性は7.6%にのぼる。プロポーズは必要ないと答えたのは僅かに男性2.2%と女性3.6%。
  • ■男性の25.3%、女性の36.9%はプロポーズの経験あり
    12.0%の男性は「プロポーズしようと思ったが、できなかった」と回答。10.4%の女性は「プロポーズして欲しかったが、されなかった」。約5%の男性は「プロポーズされたこと」がある。
  • ■結婚適齢期の男女交際は結婚を前提に
    結婚適齢期である25歳~34歳の交際中相手がいる男性の60.8%、女性の70.5%は、その交際相手からプロポーズされたら結婚すると回答。
【結婚相手は優しい人がいい。結婚を決めるは母親に相談したあとで】
  • ■結婚を決めるときの相談相手は、母親
    結婚についての相談相手1位は、女性の66.8%、男性の33.5%が回答した「母親」。次いで「同性の友達」が続く。「父親」に相談するのは男女とも約5人に1人にとどまる。
  • ■「思いやり」があり「優しい人」と結婚したい
    結婚相手に求めることは男女ともに1位「思いやりがある」。2位「優しい」、3位「安らげる・癒される」。自分に当てはまると思う項目も男女ともに1位「思いやりがある」となった。