ことぶき科学情報

2012年10月19日 編集・発行 株式会社オーネット

号外:「絶食系」「肉食系」「草食系」「優柔不断」「迷走」男子実態レポート

独身男性の交際経験と結婚願望に関する意識調査

結婚適齢期の独身男性、3人に1人が「交際経験」「性経験」なしと回答
“交際経験が乏しく、恋愛にふみこめない「迷走男子」”は約3割
~独身男性の多様化する恋愛実態が明らかに~

楽天グループの結婚情報サービス会社、株式会社オーネット(本社:東京都品川区 代表取締役社長:島貫慶太)は、2012年10月に全国の25~34歳の独身男性計382名を対象に「交際経験」と「結婚願望」に関する意識について調査を実施した。今回の調査では、恋愛傾向別に独身男性を分類し、各タイプの恋愛特性と意識の違いについて取り上げてみた。

恋愛タイプ傾向
肉食系男子恋愛に興味旺盛で、女性に果敢に攻める
草食系男子恋愛にガツガツせず、心優しいが女性が苦手
優柔不断男子恋愛に興味はあるが、女性に積極的になれない
迷走男子恋愛に興味はあるが、交際経験も乏しくさまよい続ける
絶食系男子恋愛に興味はなく、女性無しで人生を楽しめる
【独身男性の半数以上が、恋愛に興味があっても前進できず苦悩する実態が明らかに】

25~34歳の独身男性に自分はどのタイプに属していると思うかと聞いたところ、「絶食系」「肉食系」「草食系」がほぼ同数の約15%となった。「優柔不断」と「迷走」を合わせると5 割以上であり、独身男性の半数は恋愛に興味はあるが前進することがままならず苦悩している。各タイプの恋愛や性の経験には、顕著な差がみられる。就いている職種や性格傾向にも各タイプ間に明らかな差がある。

  • ■恋愛に興味はありながらも「肉食系」になれない独身男性
  • ■3人に1人は交際経験がなく、「絶食系男子」においては2人に1人は性経験がない
  • ■「消極的」で「内向的」な独身男性
  • ■職種により、タイプの分布に大きな違い
【結婚したくても、結婚できない現代男性が多数】

結婚する気持ちはありながらも「出会いの機会がほとんど無い」と考える独身男性が4 割以上にのぼる。結婚の意向のない割合は僅か約4%であり、多くの独身男性たちは結婚したくとも結婚できないといえる。結婚したいと思うきっかけは、子どもや家族などに関することが多くあげられた。

  • ■独身の理由は「女性との出会いの機会がほとんど無いから」
  • ■結婚したいと思う瞬間は、子どもを欲しいと思ったとき
【理想の結婚相手は安らげる女性が人気】

各タイプとも友人や知人など自分を知っている身近な人からの紹介を、結婚相手を見つける有効な手段として上位に上げる。結婚相手には思いやり、優しさ、癒しなどを求める割合が高く、独身男性は結婚には安らぎをもとめている姿があらわれた。

  • ■「思いやりのある」女性と結婚したい
  • ■理想の結婚相手を見つけるのは、友達からの紹介が1番
  • ■理想の結婚相手は“綾瀬はるか”さん

-調査概要-

この資料は、楽天グループの結婚情報サービス会社、株式会社オーネット(本社:東京都品川区 代表取締役社長:島貫慶太)が、2012年10月に全国の25~34歳の独身男性計382名を対象に、「交際経験」と「結婚願望」に関する意識などについて調査した結果をまとめたものです。

  • 調査名 : オーネット 独身男性の「交際経験」と「結婚願望」関する意識調査
  • 調査地域 : 全国
  • 調査対象 : 2012年10月1日現在25歳から34歳までの独身男性
  • 調査方法 : インターネットを利用したクローズ調査
  • 調査期間 : 2012年10月2日(金)-10月9日(金)
  • 調査主体 : 株式会社オーネット
  • サンプル数 : 382人
調査対象者プロフィール
全体382
25歳~29歳男性165
30歳~34歳男性217

※表記の無い場合の単位は%です。 調査結果の数値は小数点第2 位以下を四捨五入しているため、合計で100%にならないことがあります。

※出版物・印刷物等、本資料をご使用になる場合には、 オーネット 広報グループ宛連絡のうえ、〝結婚相談所「オーネット」調査〝と明記ください(TEL:050-5817-5606 mail :onet-pr@mail.rakuten.com)


株式会社オーネット マーケティング部 広報グループ
TEL:050-5817-5606 FAX:03-3474-1775 e-mail onet-pr@mail.rakuten.com

-目次-

【独身男性の半数以上が、恋愛に興味があっても前進できず苦悩する】
  • ■恋愛に興味はありながらも「肉食系」になれない独身男性
    自分のことを「肉食系男子」と「草食系男子」、「絶食系男子」だと考える独身男性はいずれも15%前後。最多層は29.3%の「迷走男子」。さらに27.0%の「優柔不断男子」が続く。
  • ■3人に1人は交際経験がなく、「絶食系男子」においては2人に1人は性経験がない
    25歳以上で交際経験がないとの回答は全体では3人に1人となる。10代の時に交際経験のある割合は「肉食系男子」78.8%、次いで「草食系男子」が60.1%。性経験がないとの回答は全体では29.6%に上る。
  • ■「消極的」で「内向的」な独身男性
    独身男性の半数近くは「消極的」で「内向的」な傾向が強いと考えている。「思いやりがある」との回答も半数近くに達し、自分自身を心優しい性格と考えているようである。
  • ■職種により、タイプの分布に大きな違い
    「SE/プログラマー」の肉食率は4.8%と低く、「営業職」の肉食率は28.6%と高い。「研究/開発職」では迷走率が33.3%、「事務職」は優柔不断率が28.3%と高い結果。職種ごとに属するタイプをみてみると、その内訳には大きな違いがあらわれた。
【結婚したくても、結婚できない現代男性が多数】
  • ■独身の理由は「女性との出会いの機会がほとんど無いから」43.2%
    2位は「経済・雇用の不安から」、3位には「自分(の恋愛力)に自信がないから」。「女性との出会いの機会がほとんど無いから」と答えた「優柔不断男子」と「迷走男子」は5割以上にのぼる。
  • ■結婚したいと思う瞬間は、子どもを欲しいと思ったとき
    「子どもを欲しいと思ったとき」が24.3%で全体の1位。草食系では「友達/同級生が結婚したとき」がトップとなる。絶食系は「結婚したいと思ったことは、まだない」が71.1%と突出した結果となった。
【理想の結婚相手は安らげる女性が人気】
  • ■「思いやりのある」女性と結婚したい
    結婚相手に期待することの1位は「思いやりがある」こと。次いで「安らげる/癒される」と「優しい」が50%以上で続く。絶食系の男性は、自分の求める結婚相手像を具体的にイメージできていないようである。
  • ■理想の結婚相手を見つけるのは、友達からの紹介が1番
    友達と友人からの紹介と職場恋愛、仕事上の付き合いなど、お互いを理解し合える状況が有効と考える。「肉食系男子」では「合コン」と「ナンパ」の割合が高い。「優柔不断男子」では「婚活サイト」「オンラインコミュニティ」などインターネット上での出会いを期待する割合が高い。
  • ■理想の結婚相手は“綾瀬はるか”さん
    「優柔不断男子」と「迷走男子」から高い支持をうけた綾瀬はるかさんが1位。上戸彩さん、堀北真希さんと続く。