恋愛結婚トピックス一覧

NEWS LETTER 2011

2011年8月
株式会社オーネット

クールビズ 意外な落とし穴
男性も胸元に注意 NGスーパークールビズを調査

楽天グループの結婚情報サービス、株式会社オーネット(本社:東京都品川区 代表取締役社長:島貫慶太)は、7月14日~7月31日、「NGスーパークールビズ 男性編」についてのアンケート(MA=いくつでも選択可能)を行いました。投票人数は394人でした。※数字は小数点第2位を四捨五入しているため、差異が合っていないものがあります。

■NGスーパークールビズのTOP3は全てトップス

このアンケートは、今年になって各社が導入したスーパークールビズが注目を集める中で、これまでとは違う服装によって周囲からの印象を下げることなく、むしろ印象アップに活用していただくべく、これはNGだと思うNGスーパークールビズを投票していただきました。

調査の結果、最も多くの方がNGだと答えたのは「乳首が目立っているTシャツ」でした。投票人数394人のうち実に8割近い、313人がNGとこたえました。これまでのビジネススタイルから一変、普段着に近い薄手のTシャツやポロシャツに変わったことで、これまでなりを潜めていた乳首が思わぬスポットライトを浴びる形となりました。本人が全く気づいていないところで、胸元から見えていたり、薄手すぎるシャツを着たために思わぬ主張をしている可能性が十分にあります。シャツを選ぶときは、少し余裕を持ったサイズを選びつつも、薄手の素材の場合はアンダーウェアもきちんと着るようにしたいものです。

2位には64.5%の票を獲得した「タンクトップ(ランニング)」がランクインしました。タンクトップで出社するような勇敢な男性を見る機会はそうありませんが、これから更に暑さが過酷になっていくことを考えると油断はできません。この夏、気をつけたほうがよさそうです。また、着用時はある程度ムダ毛も処理していただきたいものです。

3位は「汗が目立つ色のシャツ」が接戦を制しました。今年はTシャツでもOKな会社が増えましたが、だからと言って、汗をかいているのが丸分かりのTシャツはご法度です。特にグレーのシャツなどは汗をかいた部分が目立ちますので、色に気をつけるか、中にアンダーウェアを着たほうが無難のようです。短時間ならまだ見逃してもらえそうですが、勤務時間はそう短くはありません。相手に不快な印象を与えないように気をつけましょう。

Rank 項目
1 乳首が目立つシャツ 79.4%
2 タンクトップ(ランニング) 64.5%
3 汗が目立つ色のシャツ 57.6%
4 ジャージ 55.8%
5 靴下はいてサンダル 54.8%
6 お腹が目立つTシャツ 53.8%
7 ぴちぴちTシャツ 52.8%
8 ビーチサンダル 49.2%
9 G短パン 43.1%
10 素肌にワイシャツ 42.1%
11 迷彩柄のパンツ 39.6%
12 短パン 38.6%
13 ワイシャツの裾を外に出す 37.3%

■サンダル履くときには靴下に注意、シャツは少しゆったり目をチョイス

4位から7位の項目も投票率は過半数を超える結果となりました。熾烈な4位争いを制したのは「ジャージ」でした。楽で涼しいジャージですが、会社に来る格好としては多くの方が難を示しているようです。どこまでがOKなのかは会社によると思いますが、日曜日のお父さんのような格好はあまり好まれないようです。5位には「靴下はいてサンダル」がランクインです。サンダルはOK、靴下ももちろんOKですが、両者がコラボレーションすることで思わぬ相乗効果が発揮されるようです。もし靴下を履きたい場合は、是非短めの靴下をチョイスしましょう。

6位にはお腹が目立つTシャツが選ばれました。今回の調査はスーパークールビズだけあり、Tシャツに関するNGが多く見られましたが、ワイシャツよりもゆったりとして伸縮性のあるTシャツを着ることで、これまでよりもお腹が目立ってしまうようです。これも1位に選出された胸のポッチが目立っていることと同じように、サイズが合っていないことが主な原因と思われます。Tシャツを選ぶ際には少しゆったり目のものを選んだ方が得策のようです。7位は全てのNG要素を兼ね備えた「ぴちぴちTシャツ」でした。ここまで来ると天晴れです。

■危険ゾーンはビーチサンダル、G短パン

8位から13位はNGと答えた方が3割以上で半数未満の項目となりました。会社の規定にもよると思いますが、もしOKだとしてもその格好で出社するのは気をつけたほうがいい項目と思われます。まずは8位に「ビーチサンダル」がほぼ半数の支持率を得てランクインです。会社によって可否が大きく分かれそうなビーチサンダルですが、今回の結果では快く思わない方がだいぶいることが分かりました。9位はG短パンでした。短パン自体も38.6%の支持率を見せ12位にランクインしましたが、G短パンは43.1%を集め、貫禄を保ちました。男性の7分丈パンツなどを多く見かけるようになりましたが、それでも露出の激しい短パンや、昭和を感じさせるようなG短パンには要注意です。10位には「素肌にワイシャツ」が選ばれています。セクシーという意見も極少数見受けられましたが、4割以上の方は今回の調査でNGと感じていることが分かりました。また、「ワイシャツの裾を外に出す」はだらしない印象を受けるのか、37.3%の方が回答、13位にランクインしました。

■安全ゾーンはアロハ、ポロシャツの裾をパンツイン、7分丈パンツ

14位から18位は回答率が3割未満で1割以上の結果となりました。このゾーンの格好であれば出社しても殆どの方は難色を示さないようです。ポロシャツの裾をパンツインなどは上位に挙がると予想されましたが、結果は15位(27.2%)とアロハシャツよりも振るわず、問題ないことが分かりました。

■今夏はジーンズで出社してもOK?ステキクールビズは?

19位から23位まではNGと答えた方が1割未満の回答となりました。全く問題がないどころか、普段のイメージとのギャップから好印象を与える可能性大です。ポロシャツ、チノパンに至ってはNGと答えたのはそれぞれ、2.5%と4.6%となりました。ジーンズも9.9%と1割にも達していません。
ある程度理想の声も混じっているのかもしれませんが、もし会社がOKであれば今のうちに挑戦してみましょう。

Rank 項目 %
14 アロハシャツ 27.4%
15 ポロシャツの裾をパンツイン 27.2%
16 Tシャツの袖まくり 23.9%
17 7分丈パンツ 15.7%
18 Tシャツ 12.4%
19 ジーンズ 9.9%
20 スニーカー 5.3%
21 半そでワイシャツ 5.1%
22 チノパン 4.6%
23 ポロシャツ 2.5%

■ この件に関するお問合せ先 ■
株式会社オーネット 広報グループ
TEL:050-5817-5606 FAX:03-3474-1775 E-mail:onet-pr@mail.rakuten.com