恋愛結婚トピックス一覧

NEWS LETTER 2010 №3

2010年2月
株式会社オーネット

オーネット婚活道場第3弾

貯金額「見せ合う4割、見せ合わない3割」
女性「相手のは見たいが、自分は見せたくない3割強」 「ケータイのロックはNG6割」、男性はやや寛容的

楽天グループの結婚情報サービス、株式会社オーネット(本社:東京都品川区 代表取締役社長:島貫慶太)は、今月、「オーネット婚活道場第3弾」としまして、ホームページ訪問者を対象に「パートナーにはどうしてほしい?でも自分だったらどうしたい?」をテーマに、4択式のアンケートを行いました。投票総数は、男性258人、女性219人、計477人でした。(詳細はHPでも確認いただけます。http://blog.onet.jp/konkatsu/)

貯金額 「見せ合う」4割、「見せ合わない」3割、男性は2極化傾向

「貯金額を教えあうかどうか」という質問に対して、「自分も相手も貯金額は見せ合う」という回答が総合で4割強(44%)となりました。結婚相手には自分の貯金額を見せるのは当然だとしても、相手にも見せて欲しいという方が多いようです。特に男性はほぼ半数(48.1%)の方が見せ合う事を希望しています。総合2位には「自分も相手も教えあわない」という項目が選ばれました。同項目に関しては男性が34.1%と女性に10ポイント近くの差をつける結果となり、夫婦の貯金開示意識に関して男性は「見せ合う」、「見せ合わない」の二極化傾向が強いようです。他に男女差が大きく見られた項目は「自分は見せないが、相手には見せて欲しい」という回答で、男性は6.2%と僅かですが、女性は男性の5倍以上となる32.9%にも上りました。いずれにせよ、貯金額の開示については個人差があり、事前に確認が必要なようです。

貯金額 「見せ合う」4割、「見せ合わない」3割、男性は2極化傾向

ケータイ電話、自分も相手もロックはNG

ケータイ電話に関する質問では、総合で6割近く(58.3%)の方が「お互いにケータイ電話のロックはNG」だと答え、特に女性の比率が高くなりました(男性51.2%、女性66.7%)。男性は「相手はいいが自分はNG」、「お互いにOK と」回答する傾向が女性より高くなりました。女性は「相手はNG だが、自分はOK」という回答が男性よりも高い結果となっています。男女共にケータイのロックに関しては否定的ですが、男性は女性に比べてやや寛容的なようです。

ケータイ電話、自分も相手もロックはNG

【アンケート結果一覧】

他、各種アンケートに関しては、以下のような結果となりました。全カテゴリーを通して、思い出の品・異性との食事・ナンパスポットへの旅行など、「精神的な浮気」と捉えられるような行動に関しては、やはり男女共にお互いNGと答える傾向が高い事がわかります。実施前は「相手に厳しく、自分に優しい」回答が多いことを予想していましたが、実際は「自分に厳しく、相手には寛容」という、“オトナ”の気構えをお持ちの方のほうが多いという結果になりました。

Q.元カレ、元カノにもらった思い出の品をずっと持ち続ける?

思い出の品

お互いNGと答える方と、お互いOKと答える方で大半を占めました。男性は「相手はOKだが自分はNG」と答える方が女性に比える一方、女性は男性に比べ「相手はNGだが自分はOK」と答える傾向が高くなりました。

思い出の品 回答数 男性% 女性%
パートナーはOK、自分は捨てる。 73 15.3% 18.6% 11.4%
パートナーはOK、自分も持ち続ける。 157 32.9% 35.3% 30.1%
パートナーはNG、自分は持ち続ける。 34 7.1% 3.1% 11.9%
パートナーはNG、自分も捨てる。 213 44.7% 43.0% 46.6%
総計 477 100.0% 100.0% 100.0%

Q.自宅でのトイレは、ドアを開けっ放しで用をたす?

トイレ(総合)

7割近くの方が相手も自分もNGと答えました。「相手はOKだが自分はNG」と答える方が女性に多く見られ、男性に15ポイント近くの差を見せています。

トイレ 回答数 男性% 女性%
パートナーはOK、自分は閉める。 102 21.4% 14.7% 29.2%
パートナーはOK、自分も開けたまま。 46 9.6% 11.6% 7.3%
パートナーはNG、自分は開けたまま。 11 2.3% 3.1% 1.4%
パートナーはNG、自分は閉める。 318 66.7% 70.5% 62.1%
総計 477 100.0% 100.0% 100.0%

Q.パートナーが異性の友人と二人で夕食に行く。

食事に行く(総合)

半数以上の方が、どちらもNGと答えました。次点に2割強の方が「相手も自分もOK」と回答しています。相手はOKだが自分はNGと答える方は男女共に1割を切っており、パートナーには自分以上の誠実さを求めているようにも伺えます。

食事に行く 回答数 男性% 女性%
パートナーはOK、自分もNG。 24 5.0% 7.0% 2.7%
パートナーはOK、自分もOK。 115 24.1% 21.3% 27.4%
パートナーはNG、自分はOK。 66 13.8% 10.9% 17.4%
パートナーはNG、自分もNG。 272 57.0% 60.9% 52.5%
総計 477 100.0% 100.0% 100.0%

Q.パートナーが同性同士で、ナンパスポットとして有名なリゾート地に行く。

リゾート地(総合)

異性への食事と同じような傾向が見て取れるものの、遠出するということからか、お互いNGと答える傾向が高まりました。唯一、「パートナーはOK、自分はNG」の回答は高くなりました。

リゾート地 回答数 男性% 女性%
パートナーはOK、自分はNG。 44 9.2% 12.0% 5.9%
パートナーはOK、自分もOK。 89 18.7% 18.2% 19.2%
パートナーはNG、自分はOK。 42 8.8% 6.6% 11.4%
パートナーはNG、自分もNG。 302 63.3% 63.2% 63.5%
総計 477 100.0% 100.0% 100.0%

■ この件に関するお問合せ先 ■
株式会社オーネット 広報グループ
TEL:050-5817-5606 FAX:03-3474-1775 E-mail:onet-pr@mail.rakuten.com